PAGE TOP

2016年05月27日

鷹栖の家 「ダイニングキッチン」

前回、リビングを見ていただきました鷹栖の家、今回はリビングの隣にあるダイニングキッチンをご紹介しましょう。

s-DSC_8283w.jpg

前回ご説明しましたように、この家はリビング・ダイニング・キッチンで1室なのではなく、リビングとその横の和室で開放的に使えるようにし、ダイニングキッチンを別のスペースとして使う間取りなのです。
1枚目の写真、正面に収納がありますね。この収納の向こうに、リビングがあります。収納の右に、リビングと和室がチラッと見えていますね。
この収納があることで、リビングとダイニングキッチンを仕切っていて、そしてこの収納はリビングからもダイニングキッチンからも使える収納にしてあります。

s-DSC_8280w.jpg

2枚目の写真は、少し角度を変えて見てみますと、先ほどの収納は左側にあります。そのすぐ右の向こうには、和室(仏間)が見えていますね。そのまた右には、収納と出入りする戸があります。
この戸の向こうは、廊下です。この戸を開けて、廊下を横切りまっすぐ行くとトイレ、廊下を少し右に行くと洗面・脱衣・浴室があります。
それらはすでに紹介済みですが、キッチンとトイレや脱衣・浴室などの水回りを行ったり来たりする、つまり主婦の動線はコンパクトに短くなるように配置してあるというわけです。
その戸の左にある収納は、扉をつけずにオープンにされました。ダイニングキッチンの物を置かれる収納ですが、真ん中部分は炊飯器を置く棚で、炊飯器を置いたまま出し入れできるスライド形式の棚なのです。

s-DSC_8276w.jpg

3枚目の写真、キッチンが見えますね。ダイニングとキッチンで1つのスペースですから、対面型ではなく壁付キッチンです。そして、この部屋の真ん中にダイニングテーブルを置いて食事をするのです。
リビングからダイニングキッチンに入ってくると、この3枚目の写真のように見えます。
間取りは、お客様の使い方やご要望によって様々です。この家のお客様は、こんなリビングとダイニングキッチンにされました。
こういう間取りの場合は、リビングや和室にお客様がいらっしゃっても、調理をしたり食事したりできますし、またリビングからキッチンが丸見え・・・ということがないですね。
さて、これでこの家の1階部分の紹介は終わりましたので、次回は2階に上がらせていただきましょう。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:41| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

鷹栖の家 「リビング」

前回は、和室を見ていただきました。今日は、その横にあるリビングをご紹介いたします。
1枚目の写真、リビングと和室そして廊下も見えています。それぞれを仕切る戸もあるのですが、戸を開けて写真を写していますので、開放的な空間であることがお分かりいただけると思います。
では、戸を閉めた様子もご覧いただきましょう。

s-DSC_8246w.jpg

2枚目の写真は、和室と廊下の間の戸を閉めたのと、リビングと廊下の間の戸も閉めた状態です。1枚目の写真と比べると、廊下だけが見えなくなりましたね。
リビングと和室の間の戸は開けたままなので、リビングと和室は一体的につながっている状態です。
次に、和室とリビングの間の戸も閉めてみましょう。

s-DSC_8249w.jpg

それが、3枚目の写真です。リビングだけの状態になりました、ずいぶん変わりましたね。この家のリビングは、10帖です。その他に、写真右側のほうに見える収納があります。
ところで、ダイニングキッチンは?と言いますと、その収納の向こう側にあるのです。

s-DSC_8250w.jpg

4枚目の写真を見ていただくと分かりますが、収納の左側にチラッとキッチンが見えていますね。
最近は、リビング・ダイニング・キッチンが1室になっている家が多いですが、この家はリビングとダイニングキッチンとに分けられたのです。
それを分けているのが、リビングとダイニングキッチンとの間にある収納なのです。そして、この収納はリビング側からのみ使う収納ではなく、ダイニング側からも使える収納です。

s-DSC_8256w.jpg

戸を開けた開放的な状態と、戸を閉めた状態の写真をご紹介しましたが、実際には1年じゅうほとんど1枚目の写真のように開放的に使っておられます。
夏はそれが当たり前でしょうが、冬も・・・です。冬でも、廊下などもほとんど温度差がないので戸を閉める必要がありません。であれば、戸を閉めて狭く感じるよりも、戸を開けて開放的に広々と使ったほうが気持ち良いですよね。
では、次回はダイニングキッチンです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:51| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

鷹栖の家 「和室」

前回は、寝室を紹介したこちらの家。今まで、玄関ホールから廊下に入ってトイレ・洗面所、そして書斎・寝室という順に奥の方へと見ていただいていました。
今日は、玄関ホールのところまで戻って、すぐ横にある和室をご覧いただきましょう。

s-DSC_8263w.jpg

1枚目の写真、和室が中途半端に写っていますが、和室と廊下の関係を見ていただくための写真です。タタミの向こう側が廊下ですが、和室から廊下に出てすぐ左側に引違いの格子戸がありますね。その戸が玄関ホールの出入り口です。
ですから、この和室にお客様をお通しする場合は、玄関ホールから廊下に入ってすぐ和室に入れる間取りにされました。
和室と廊下の間には、ちゃんと戸がありますよ。写真では戸を開け放して写していますが、壁の部分に戸があるのがお分かりいただけますでしょうか。

s-DSC_8259w.jpg

2枚目の写真では、和室の正面がちゃんと見ていただけます。左から順に床の間と仏間があって、一番右は収納になっています。この和室の大きさは、床の間・仏間・収納を除いて6帖です。
3枚目の写真は、リビングから和室を見ています。

s-DSC_8272w.jpg

大黒柱があるのが、お分かりでしょうか。1枚目の写真の右端にも写っていますが、和室の角に大黒柱がありますね。太さは、24cm(8寸)角です。
この大黒柱は、もちろんの2階の上まである柱ですよ。1階だけの長さの太い柱も見かけますが、それは構造的にはあまり意味はないですね。
和室とリビングの間にも、ちゃんと戸がありますよ。写真の左側にちょっとだけ写っていますが、この戸を閉めると和室とリビングを仕切ることができます。
このように、リビングと一体的に使える部屋でもあるわけですが、この家の場合はタタミコーナーというよりは、少しかしこまった和室です。
では、次回リビングをご紹介します。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:54| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

鷹栖の家 「寝室」

こちらの家、前回は「書斎」をご紹介しました。今回は、その隣にある「寝室」を見ていただきましょう。
1枚目の写真、廊下から戸を開けて入るとこんな感じ。見てお分かりの通り、寝室は板張りでなく、タタミ敷きにされました。広さは、大きめの10帖ある寝室です。
この家も、暖房は床暖房にされたのですが、もちろんタタミが敷いてあるこの部屋も床暖房してありますよ。タタミの場合、床暖房用の畳床というものを使いますので杉の床板のところと同じように暖かくなります。

s-DSC_8316w.jpg

2枚目の写真は、部屋の奥へ行って反対から見ています。一番右にある片引戸が廊下との出入り口で、その左にある引違いの戸が押入です。この押入は1帖分。
2枚の写真でお分かりのように、この部屋には長戸が1ヶ所と窓が1ヶ所あっていずれも障子戸がついていますよね。
この障子戸、パッと見た目は引違いに見えるかもしれませんが、単なる引違いではなく全開する障子戸です。右か左のどちらか半分だけ開く引違いではなく、2枚の障子戸が全開(2枚共壁のところまで動く)して長戸・窓全体が見えるようになるということです。

s-DSC_8320w.jpg

通常の引違い戸であれば、押入の戸のように柱の厚みのところに戸があるのですが、全開する障子戸の場合は柱より手前(部屋側)に戸がついているのです。写真で、長戸も窓も敷居・鴨居・縦枠が柱の手前にあるのがお分かりになりますでしょうか。
ところで、前回の書斎の時にもご説明しましたように、この部屋の天井を見ていただきますと、ここも書斎と同じです。
この上に2階はなく平屋部分なので屋根があるのですが、屋根裏を利用した物置がつくってあるので、写真のように天井が張ってあるということです。
タタミ敷きの広い部屋なので、旅館のようにも見える寝室のご紹介でした。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:40| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

鷹栖の家 「書斎」

前々回は「廊下」、前回は廊下の横にある「トイレ・洗面所・脱衣室」を見ていただきました。
廊下の写真でご説明した、玄関ホールから入って廊下の突当りに見えていた戸が書斎の出入り口でした。今回は、その書斎をご覧いただきましょう。

s-DSC_8314w.jpg

1枚目の写真、書斎らしく本棚がたくさん造り付けてありますね。書斎というと、小さな部屋のイメージがありますが、このお宅の書斎は広いんですよ。7.5帖の部屋です。
2枚目の写真を見ていただきますと、本棚の反対側は全部収納になっています。この収納の大きさは、2.5帖ありますから、全部合わせると10帖になります。書斎だけではなく、物置も兼ねた部屋という感じです。

s-DSC_8313w.jpg

ところで、この部屋の上には2階はありません。2階がないということは、平屋部分にある部屋なので、この上は屋根です。
今までご紹介している家では、上が屋根であれば屋根なりの勾配天井になっている、つまり屋根の野地板をそのまま見せる部屋がほとんどです。
この家ではそういう風にしないで、平屋の屋根裏を利用して屋根裏物置をつくりたいというご要望でした。
上に屋根裏物置がある時は、写真のように天井を張る場合もありますし、天井を張らない形式もあるのですが、その辺は物置の大きさや高さそして書斎の天井の見え方などを検討します。最終的に、この部屋は天井を張ることにしたというわけです。
屋根裏物置に関しては、また2階のところでご紹介いたします。
今回は、本棚・収納たっぷりの書斎でした。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:59| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

鷹栖の家 「トイレ・洗面所・脱衣室」

こちらの家、前回は廊下をご紹介しました。その時に大体の場所をご説明した、トイレ・洗面所・脱衣室を見ていただきましょう。

s-DSC_8287w.jpg

1枚目の写真、廊下に立ち止まってトイレのある方向を見ています。正面にあるのが、トイレの手洗です。写真の右側にチラッと見えているのは、あとでご紹介する洗面所と脱衣室になります。
トイレの方向に歩いて行きますと、2枚目の写真です。中央に手洗があって、右側に洋便器そして左側に小便器という風に別々に設けられたのです。(どちらも戸を開けて写真を撮っています。)廊下から手洗までは木の床ですが、トイレの中はご覧のようにタイル貼りにされました。

s-DSC_8294w.jpg

一旦廊下に戻って、2枚目の写真でいうと右の方に行くと、3枚目の写真です。手前に洗面所と収納があって、その奥が脱衣室です。(脱衣室も戸を開けて写真を撮っています。)
そして4枚目の写真が、脱衣室になります。この写真の右側に浴室があるのです。

s-DSC_8298w.jpg

写真でお分かりのように、顔を洗う洗面所は脱衣室の手前にあって、脱衣室の中は洗濯流しと洗濯機を置くスペースとなっています。
洗濯機の上の部分には、大工さんにつくってもらった木の棚板が設置してありますし、その上には洗濯物を干せるようにパイプも取り付けてあるのです。
この脱衣室の天井は、平ではなく斜めになっているのがお分かりでしょうか。屋根なりの勾配天井で、野地板が見えています。ということは、この上に2階部分はなく、平屋部分に脱衣室があるということです。(トイレも平屋部分になります。)

s-DSC_8299w.jpg

この家のキッチンの紹介はまだですが、1枚目の写真の背中側にあるのです。つまり、キッチンの出入口から廊下を横切ってまっすぐ行くとトイレ、少し右に行くと洗面所・脱衣室・浴室があるという具合に、水回りがこの部分に集約された間取りなのです。
トイレは洋便器と小便器が別々のスペース、洗面所は脱衣室と別にされるなど、水回りのスペースをゆったりとられた家ですね。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:17| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

鷹栖の家 「廊下」

前回ご紹介した玄関ホールから、奥へお邪魔させていただきましょう。

s-DSC_8360w.jpg

1枚目の写真は、前回見ていただいたホールの戸を開けた状態です。正面に見える柱が8寸(24cm)角の大黒柱で、その向こうがリビング。大黒柱の右側にチラッとタタミが見えていて、そこが和室になります。
廊下とリビング・和室を仕切る戸はあるのですが、1枚目の写真ではその戸を開けた状態で撮影していますので、玄関ホールからリビング・和室が見えているということです。
そのリビング・和室の紹介は後回しにして、先に廊下を見ていただきます。

s-DSC_8304w.jpg

玄関ホールから入って左に曲がると、2枚目の写真のように廊下があります。
廊下の周りに何があるかご説明しますと、写真撮影している(立っている)場所の右側にリビングがあって、少し向うのへこんでいるところを右に行くとキッチン。一番奥を右に曲がると寝室、廊下正面に見えているのは書斎の戸です。
廊下左側は、一番手前に2階へ行く階段があって、少し向うの左にはトイレ、一番奥を左に曲がると洗面所と脱衣室・浴室があるという間取りになっています。
3枚目の写真は、廊下の奥へ行って反対側から写したものです。ご説明した洗面所が見えていますね。廊下正面には、和室があるのも分かります。廊下と和室を仕切る戸も開けて撮影していますので、和室が見えています。

s-DSC_8296w.jpg

このお宅の特徴の一つとして、廊下にもたくさん収納を設けられたということです。それも2枚目・3枚目の写真でお分かりでしょう。
収納の戸がたくさん並んでいます。下だけでなく、壁の上にも戸がずらっと並んでいますから、この廊下の収納だけでも結構な量が入りますよね。
2枚目の写真で、廊下右側一番手前の収納は見せる物を飾っておくために、ガラス扉になっています。玄関ホールから入ってくると、この見せる収納がまず目に入るというわけです。
次回は、廊下の横にあるトイレ・洗面所・脱衣室をご紹介しましょう。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:12| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

鷹栖の家 「玄関・ホール」

次に登場する家は、鷹栖の家です。今日は、玄関とホールを見ていただきましょう。
いつものパターンで、「こんにちわ」と玄関の戸を開けると、目に入るのが1枚目の写真です。
正面は、下半分が下足入れになっていて、その上は物を飾ったり置いたりするスペースになっています。下足入れの天板は、厚さ6cmの杉板を使ってあります。その右側にも戸が見えていますね。ここは階段下を利用した収納です。

s-DSC_8364w.jpg

玄関の中に入って右を見たのが2枚目の写真、靴を脱いで上がるホール部分です。ここにも戸がありますね。戸の向こう側は廊下なのですが、ここでも仕切っているのです。
広さは、ホール部分がタタミ2枚分の2帖で、玄関のタイル貼り部分も同じく2帖。それと、下足入れの引っ込んでいるところが0.5帖なので、全部合わせると4.5帖分の玄関・ホールです。
3枚目の写真は、反対方向から見ています。ホールに立って、玄関方向を見るとこうなります。玄関戸が見えていますね。
ほとんどの家がそうなのですが、このお宅も玄関の戸はアルミ製ではなく、本物の木の戸にされました。やはり、アルミの戸よりも木の方が温もりがあって良いですよね。

s-DSC_8361w.jpg

この玄関・ホールの雰囲気は、少し和風でしょうか。
丈夫で長持ち・健康で快適に暮らせる住み心地が良いという家のつくり方はどの家も同じなのですが、まったく同じかというとそうではなく、照明器具や建具のデザインで雰囲気が変わります。
それ以外の違いで、この3枚の写真を見ていただいて、木の使い方の違いがお分かりでしょうか?
プロの方ならすぐ気付くと思いますが、そうでないと難しい質問ですね。

s-DSC_8359w.jpg

でも、こういう家を建てられた方ならすぐ分かるんですよ。打合せでは、木の種類の説明を聞いてどれを使うか決めたり、大工さんの作業小屋で番付に参加していただいているので、わが家の木のこともちゃんと分かるのです。(参考記事:家づくりに参加する−前編)
その答えは書きません、木の家を建てる時の楽しみにとっておいて下さい。(ヒントは柱です。)
では次回は、ホールの奥へとお邪魔させていただきましょう。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:41| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ