PAGE TOP

2016年07月06日

木の物干し掛け

家を建てるときに、大工さんに一緒につくってもらう木の小物を紹介するコーナー。
前回は 木のタオル掛け をご覧いただきました。今回は、物干し掛けです。
物干し掛けは、バルコニーやサンルームまた脱衣室など洗濯物を干すところに取り付ける物で、金属製または樹脂製の物が一般的です。
しかし、木の家にはそういう物は似合いません。物干し掛けも、木でつくりたいですよね。

s-DSCN4836w2.jpg

1〜3枚目の写真をご覧いただきますと、木の物干し掛けとしてはどの家も形状はほぼ同じです。物干し竿を通すための穴の数が違いますね。
これらは固定してあるのではなく、掛けたい場所に動かせるようにしてあります。写真のように、家の中にある梁にかけておくことができる物干し掛けなのです。

s-DSCN6249w2.jpg

1枚目の写真、この家ではリビングと座敷の横にある縁側にかけてあります。こちらのお宅で、初めてこの形式の物干し掛けをつくりました。縁側に洗濯物を干したいので、物干し掛けをつくってほしいと要望があったのです。
ここに、金属製の物干し金物があってはおかしいので、木でつくりました。それ以降のお宅では、うちもその物干し掛けをつくってほしい・・・と。

s-DSC_8098w2.jpg

2枚目の写真は、リビングダイニングの部屋にある梁にかけてあります。
3枚目の写真は、この部屋はサンルームです。一般的によくあるアルミ製のサンルームではなく、家と一体の木造のサンルームです。

s-DSCN7394w.jpg

4枚目の写真は、1〜3枚目までと違う形式で、壁に固定してある物干し掛けです。写真では少し見えにくいですが、壁に竿をかける板が取り付けてあるのです。
この場所的はどこかといいますと、リビングの上の吹抜部分に設けた物干しスペースです。写真は、1階のリビングに立って物干しスペースを撮影しています。ご覧のように、竹の物干し竿を使っておられるところがまた良いですね。

サンルームだけは、独立した洗濯物を干す部屋になりますが、残りはリビングや縁側など部屋の中に干してあります。本物の木の家は、一年じゅう洗濯物がよく乾きますので、梅雨でも除湿器など機械に頼らなくても、(外で雨が降っていても)家の中に洗濯物を干しておけば乾きます。
(関連記事:梅雨でも洗濯物が乾く家
家の中ばかりかというとそうではなく、今日ご紹介したのは家の中で使う物干し掛けです。外用の物干し掛けもありますので、次回はそれをご紹介しましょう。

草野鉄男建築工房
【関連する記事】
posted by kusano at 15:51| Comment(0) | 木でつくる小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ