PAGE TOP

2016年06月20日

玄関収納

うちじゅう同じ山の木を使って、大工さんにつくってもらう造り付けや家具を紹介するコーナー、前回は キッチン収納 でした。今日は玄関収納を見ていただきましょう。
1枚目の写真、玄関ホールの奥にあるのが収納、腰までの高さの主に下足を入れる収納です。収納カウンターの上に物を飾ったり、絵を掛けたりできるように壁にされたのです。カウンターは、厚さ6cmの板を使っています。

s-DSC_9273w2.jpg

2枚目の写真は、腰までの高さの収納が半分ともう半分は長い物を入れれるようにされた玄関収納。こちらのカウンターは、厚さ3cmの板を使ってあります。
1枚目の収納も2枚目の収納もどちらも、奥行きは40cmほどです。

s-DSC_7753w2.jpg

3枚目の写真、この玄関で収納部分になっているのは黄色い襖紙が張ってある襖戸の部分です、2ケ所ありますね。1つは、玄関戸の左側にある引違いの襖戸のところ、ここは奥行き40cmほどで主に下足入れ。
もう1つの収納とは、玄関戸の右側にある両開きの襖戸があるところです、取手のツマミが見えていますね。ここは、奥行き60cmほどあってコートなどを掛けておく収納にされました。

s-DSC_7172w2.jpg

4枚目の写真は、ちょっとパターンが違いまして、収納を通り越して部屋にされた家です。
場所が分かりやすいように、玄関・ホールも含めて写真を撮っていますが、写真右側に棚板が細かく設置してあるのが見えますね。ここが、下足室です。(広さはタタミ2帖分)
玄関とホールには収納を設けないでスッキリさせるのと、たっぷりの下足入れを設けるために、このようにされました。

s-DSC_1229w2.jpg

玄関・ホールと収納のつくり方は、家によってさまざまですね。
普通の家の場合は、こういう部分も建材メーカーの収納セット(工場で加工済みの建材の部材・棚板・戸)を取り付けるケースがほとんどだと思います。
本物の木の家では、このように家具や収納部分も家に使ってある木と同じ山の木で、大工さんにつくってもらいます。
1〜3枚目の写真では、戸を開けた状態の写真はないのですが、収納の中の棚板ももちろん同じ山の木を使っています。(今までも他の家具のところで書きましたが、板の値段は集成材よりも安いです。)
収納というと、湿気がこもりやすいですから除湿剤を置いておられる家も多いと思いますが、建材の棚板では呼吸(調湿)してくれないのに対して、本物の木の棚板であれば呼吸(調湿)してくれます。ですから、収納の中に除湿剤を置く必要はありません。
ただし、収納の中の棚板効果だけではなく、うちじゅうに使ってある木(柱・梁や床板・天井板など)が、ちゃんと見えていて呼吸(調湿)してくれるから、除湿剤のいらない家になるのです。
家具や造り付けも、うちじゅう同じ山の木を使って大工さんにつくってもらうのは、見た目だけのことではなく、こういう意味もあるのです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 21:51| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ