PAGE TOP

2016年05月27日

鷹栖の家 「ダイニングキッチン」

前回、リビングを見ていただきました鷹栖の家、今回はリビングの隣にあるダイニングキッチンをご紹介しましょう。

s-DSC_8283w.jpg

前回ご説明しましたように、この家はリビング・ダイニング・キッチンで1室なのではなく、リビングとその横の和室で開放的に使えるようにし、ダイニングキッチンを別のスペースとして使う間取りなのです。
1枚目の写真、正面に収納がありますね。この収納の向こうに、リビングがあります。収納の右に、リビングと和室がチラッと見えていますね。
この収納があることで、リビングとダイニングキッチンを仕切っていて、そしてこの収納はリビングからもダイニングキッチンからも使える収納にしてあります。

s-DSC_8280w.jpg

2枚目の写真は、少し角度を変えて見てみますと、先ほどの収納は左側にあります。そのすぐ右の向こうには、和室(仏間)が見えていますね。そのまた右には、収納と出入りする戸があります。
この戸の向こうは、廊下です。この戸を開けて、廊下を横切りまっすぐ行くとトイレ、廊下を少し右に行くと洗面・脱衣・浴室があります。
それらはすでに紹介済みですが、キッチンとトイレや脱衣・浴室などの水回りを行ったり来たりする、つまり主婦の動線はコンパクトに短くなるように配置してあるというわけです。
その戸の左にある収納は、扉をつけずにオープンにされました。ダイニングキッチンの物を置かれる収納ですが、真ん中部分は炊飯器を置く棚で、炊飯器を置いたまま出し入れできるスライド形式の棚なのです。

s-DSC_8276w.jpg

3枚目の写真、キッチンが見えますね。ダイニングとキッチンで1つのスペースですから、対面型ではなく壁付キッチンです。そして、この部屋の真ん中にダイニングテーブルを置いて食事をするのです。
リビングからダイニングキッチンに入ってくると、この3枚目の写真のように見えます。
間取りは、お客様の使い方やご要望によって様々です。この家のお客様は、こんなリビングとダイニングキッチンにされました。
こういう間取りの場合は、リビングや和室にお客様がいらっしゃっても、調理をしたり食事したりできますし、またリビングからキッチンが丸見え・・・ということがないですね。
さて、これでこの家の1階部分の紹介は終わりましたので、次回は2階に上がらせていただきましょう。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:41| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ