PAGE TOP

2016年05月23日

家づくりに参加する(つづき)

過去の記事に、 家づくりに参加する(前編)家づくりに参加する(後編) があります。本物の木の家を建てる際には、どのお客様にも少なからず家づくりに参加していただきます。
山の木を使って1軒の家が出来上がるまでには、長い年月と林業家や大工さんの苦労があります。それを知る、山のこと木のことを知っていただくための「家づくりに参加する」です。
過去の記事には、今日の写真にも出ておられるご家族がいろいろなところをたくさん見学・体験された様子をご紹介しました。後編の一番最後は、完成した家の床板に米ぬかワックスを塗る作業を行って、家づくりに参加の締めくくりとしました。
でも、このお客様の「家づくりに参加する」はまだ終わっていませんでした。

s-DSF_2571w.jpg

今回は、そのつづきをご紹介しましょう。それは、山と林業家に御礼に行かれたことです。写真は、山で植林をしておられるところです。
家1軒分の材料を用意するためには、たくさんの木を伐採しなければいけません。その本数分全部植えるのは到底無理ですが、山に行って1本でも植えるということも山に対する御礼の一つですね。
そして、この山の木を使ったおかげで、「とても良い家が出来ました。」「とても快適で住み心地の良い家になりました。」と林業家たちに報告と御礼をされました。
山まで行ってそうしようと思うのは、御礼に行きたくなる木である、そういう家づくりであるということも大事なのです。
それは、この山ならでは(林業家のこだわり)の、本来木が持つ良さがちゃんと残っている木であること、大工さんがそれを活かすようにつくることで、住まいをされたお客様がその良さをちゃんと感じ取れる家だからなのです。
この山の木を使って良かったと、実感できる家であるということですね。

s-DSF_2589w.jpg

この家のお客様は、前編・後編でもご紹介したようにたくさん家づくりに参加していただきましたので、この山の木のことをよく知っていらっしゃいます。
山の特徴・木の特徴や林業家のこだわりも、またこの山の木を使って家をつくると何が良いのか?・・・も。
そして、実際にできた家に住んでみたら、やっぱり(木の良さが体感で分かる)住み心地の良い家になった。だから、山へ御礼に行きたいとお客様の方から申し出があったのです。

なお、「家づくりに参加する」でご紹介した内容は、どのお客様もすべて同じように参加されているわけではありません。
あくまでも、お客様がご都合のいい時に行ける場所へ、なるべく多く参加していただいているものであります。お父さん・お母さんだけでなく、お子様も一緒に・・・。小さなお子様でも、親が言わなくても自分から手を出して木を触ったりするんですよ。子供でも、五感で感じとっているのです。
大事なことは、木の家を建てる・つくるということは、木を使った意味のある家にすることです。その意味が分かって体感できてこそ、木の家を建てて良かった・大事に長く使おうと思えるのです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:51| Comment(0) | 家づくりに参加する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ