PAGE TOP

2016年05月16日

木のタオル掛け

今日は、前回より始まった新しいカテゴリ「木でつくる小物」です。
前回は 木のポスト をご覧いただきましたが、今回は木のタオル掛けをご紹介しましょう。

s-DSCN6216w2.jpg

1枚目の写真、この写真の場所はトイレです。便器の横にトイレカウンターがあって、そこに手洗器が設置してあるトイレなのです。手洗器の右側の壁に取り付けてあるのが、タオル掛けです。
タオル掛けというと、普通はタオルを掛ける部分が丸いパイプである物が多いのですが、このタオル掛けは板の切れ端を使っていますので、丸いパイプが見えません。ですから、説明しないとタオル掛けに見えないかもしれません。
2枚目の写真、これはパッと見てキッチンであるというのが分かりますよね。以前に、家具・造り付けでご紹介した木のキッチンです。

s-DSCN6244w3.jpg

木のキッチンをご紹介した時にはタオル掛けのことは説明しなかったのですが、実はこのキッチンに木のタオル掛けが取り付けてあるのです。
上記のトイレのタオル掛けと同じで、丸いパイプではなく板を使ってあるので、このタオル掛けこそご説明しないと分からないタオル掛けです。
分かりにくいので、写真に矢印を入れてあります。矢印の先のところに隙間があって、ここにタオルを掛けるのです。キッチンから出っ張っていないタオル掛けですね。

s-DSC_3472w2.jpg

さて、次にご紹介するのはちょっと変わりまして、板の切れ端を使ったタオル掛けでなく、写真を見ればすぐお分かりだと思いますが、流木を利用したタオル掛けです。
3枚目の写真、これもトイレの中の手洗器の横に取り付けてあるタオル掛けです。
4枚目の写真、ここは浴室の横の脱衣室です。そこに造り付けの洗面台があって、横の壁に流木を利用したタオル掛けがあるのがお分かりいただけますでしょうか。

s-DSC_3475w2.jpg

この2つの流木は、お客様が用意されたものです。川(?)で見つけてこられた物で、その流木を磨いたり洗ったりされたのもお客様です。それを大工さんにお願いして、写真のように取り付けてもらいました。
板の切れ端も流木も材料費はタダ!で、自分のお気に入りのタオル掛けをつくることができます。
切れ端・流木を有効利用するタオル掛けのご紹介でした。

草野鉄男建築工房
【関連する記事】
posted by kusano at 18:19| Comment(0) | 木でつくる小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ