PAGE TOP

2016年04月20日

植林ツアー2016

先日、山で植林ツアーが行われましたので、私も行ってまいりました。
昨年の秋に、初めて 伐採ツアー に参加させていただいたのですが、植林ツアーに参加するのも今回が初めてでした。それまでは、お客様と一緒に製材所へは何度も足を運んでいましたが、山まで行くのは昨年の秋に続いてこれで2回目となります。
また、今回も(昨年の秋と同じく)この山の木で家を建てられたお客様2組と一緒に参加させていただきました。

s-DSF_2563W.jpg

1枚目の写真、こんな風に穴を掘って土を埋め戻して・・・と植林の仕方を林業家が説明しているところです。
2枚目の写真、1組1本ずつ植林を行います。このご家族のお子様が鍬で穴を掘っています。石が多く掘りにくいところだったのですが、一生懸命掘ってくれました。
3枚目の写真、穴を掘り終えたら、苗木を入れて土を踏み固めながら戻していきます。今回、植林させていただいたのは欅(けやき)です。

s-DSF_2573W.jpg

植林だけなら、これで終わりです。しかし、続きの作業があります。それは、植えただけだとこの苗木は鹿に食べられてしまうのです。そうならないように、植えた苗木に保護カバーを設置しておきます。それが4枚目の写真です。
写真は、カバーをかぶせているところだけを載せましたが、その前にまず倒れないように杭(ポール)を打ち込み、そのポールに苗木をしばります。そしてカバーをかぶせておくのです。
実際の作業では、私たちの知らない山の苦労があるんですね。
1軒の家を建てる際には、林業家が何十年も苦労して育てた木をたくさん伐らなくてはいけません。ツアーに参加して伐った木の数だけ全部植林するのは到底無理ですが、1本の苗木を植林しただけでもとても意味のあることです。

s-DSF_2586w.jpg

また、参加することで山のことを知る・林業家の苦労を知ることができます。こういうツアーの一番の目的は、それを知っていただくことなのです。
ちなみに、この山の木を使って家を建てたら、必ずこの植林ツアーに参加しなくてはいけないということではありません。一緒に参加されたお客様が自ら「この山の木で家を建てて良かった、だから山に御礼をしたい。」という意味で参加して下さったのです。
そう思って下さるというのは、林業家にとっては一番うれしいことでしょう。手塩にかけて木を育てた甲斐があるというものです。

s-DSF_2597w.jpg

しかし、木造の家・木の家を建てただけで、そう思えるものでもありません。
そのためには、木の良さが分かる家・木の良さがちゃんと発揮されるつくり方をしなければいけません。こういう家に住むと、木の良さ・大切さがよく分かるからです。
山に御礼をという意味では、ツアーに参加して植林することだけではありません。
木の良さ・木の家の良さを伝える(PRする)ことで、日本の山の木・ここの山の木が少しでも多くの家に使われるようになることが、本当の意味で山への御礼になるのではないでしょうか。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 19:11| Comment(0) | 植林・伐採ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ