PAGE TOP

2016年03月31日

キッチン収納

木の家具・造り付けを紹介するコーナー、前回は ダイニングテーブル を見ていただきました。今回は、キッチン収納です。
キッチン(流し台)本体は、システムキッチンにされる場合もありますし、前々回ご紹介したように大工さんにつくってもらう 木のキッチン にされた家もあります。
同じように収納部分も、いろいろです。今日は、収納部分を造り付けにされた実例をご覧いただきましょう。

s-DSC_9136w2.jpg

1枚目の写真、流し台本体はシステムキッチンで、背中側の収納を造り付けにされた例。カウンターは厚さ6センチの板を使用して、下部は両サイドに扉付きの収納とし真ん中部分はオープン。
天板の上部は、右側部分に食器を入れる戸棚を設置。残りの部分は電子レンジを置くところと作業スペースとして使われます。
2枚目の写真、こちらも収納部分のみ造り付け。左側の食器棚部分は床から180cmほどの高さがあります。その右側下部はすべてオープンで、上部は電子レンジ等キッチン家電を置くスペース。天板は、厚さ3cmの板でつくってあります。

s-DSF_1765w2.jpg

3枚目の写真、前々回ご紹介した木のキッチンが見えています。今日は、その背中側の収納部分をご覧下さい。たっぷりの収納スペースですね。
床から天井まで、高さにして約230cm。収納の幅全体では約350cmのうち、右から80cmほどが冷蔵庫スペースで、残りの270cmほどにご覧の通りたくさんの棚板が取り付けられています。
高いところは手が届きませんので、大工さんにつくってもらった脚立もあります。脚立も、わざわざ物置から持って来たりしなくても良いように、この収納の中に置く場所がちゃんとあるんですよ。(一番奥に出ている物は、流し台のキャスター付き収納箱です。それも出して写真を撮りました。)

s-DSC_7063w2.jpg

そして、脚立以外にもう一つ役目があるんです。その役目とは、椅子なのです。どういうことかと言いますと、棚部分を見ていただきますと流し台と同じ高さの棚だけ奥行きが深くつくってありますよね。この部分は、机でもあるのです。
ここにノートパソコンを置いて仕事や調べものなど・・・、またちょっとした作業をするスペースでもあります。その時に腰掛ける椅子としても使う脚立なのです。
おまけに、この収納のところに引戸がありますね。キッチンの作業が終わったら、また来客時にこの戸を閉めれば、この収納部分を隠せるようにしてあるのです。

s-DSC_8282w2.jpg

次の4枚目の写真にはキッチン本体が写っていませんが、ここはダイニングキッチンで部屋の真ん中にダイニングテーブルを置く形式です。写真の左上にある照明がテーブルの上にくる照明器具です。
そういう形式なので、部屋の周りに収納をつくりつけてあるのです。壁に収納を設置したということですね。写真正面の壁に、床から天井までそして幅270cmほどの収納。一部だけ扉がなくオープンなところで、家族みんなの携帯・スマホを充電するのだとか・・・。
写真右端にも収納がありますね。上だけ扉があって、真ん中部分と下部分はオープンですが、この真ん中部分は炊飯器を置くところなのです。その炊飯器を置く棚は、ご飯を入れる時に前に出てくるスライド形式の棚になっています。大工さんがつくる造り付けでも、こういうこともできるのです。
特にこういう収納部分というのは、家(お客様)によっていろいろなこだわりがありますね。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 19:39| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ