PAGE TOP

2015年12月25日

トイレカウンター

大工さんにつくってもらう木の家具・造り付けなどを紹介するコーナー、前回は テレビ台 を見ていただきました。今日は、トイレカウンターです。
トイレカウンターも、いろいろです。既製品の手洗器にされる方もいらっしゃいますし、造り付けにされる方もいらっしゃいます。また、トイレの中に手洗器をつけるか、あるいはトイレの外(横)につけられるかも、その家によって違います。まずは、トイレの中に手洗器をつけられた造り付けのトイレカウンターをご紹介しましょう。

s-DSC_5362w2.jpg

1枚目の写真、木の天板の上に信楽焼の手洗器を取り付けてあるトイレカウンターです。この木の天板は、厚さ6cmの杉板を使ってあります。下部は収納になっていて、建具屋さんが造った戸がついています。
2枚目の写真は、1枚目の写真とほぼ同じつくり方ですが少し違うのは、手洗器が(半分ほど)埋め込んであることです。この手洗器は、埋め込みタイプなのです。
上に載せるのと半分埋め込むのとでは、高さが違ってきます。こういうカウンターの高さは、手洗器の上端で高さを決めますので、天板の高さが1枚目の写真よりも2枚目の写真の方が少し高いということです。

s-DSC_8082w2.jpg

3枚目の写真、これもつくり方としては同じなのですが、トイレカウンターが便器の横ではなく後ろ側についていますね。こういう風にすると、便器の横のスペースを広くとることができます。
手洗器の下部に小さな木の戸が取り付けてありますが、ここは収納ではありません。手洗器や配管に何かあった時のためのメンテナンス用の戸なのです。
この3つのトイレカウンターでもう1点違うことは、どの天板も木の厚さは6cmで同じなのですが、天板の端っこ(手前側)が少し違います。
厚さ6cmの板の場合は、板の端っこ部分が丸太の丸みが残っている状態で山から運ばれてきます。その丸み部分をどうするか、板のどの部分を使うかなども、お客様に板を見てもらって決めていただきます。

s-DSC_4293w2.jpg

1枚目と3枚目の写真の天板は、丸み部分をそのまま残してありますし、2枚目の写真の天板は丸み部分をカットして真っ直ぐになっています。また、端部をカットしているので、このカウンターはほとんど木の赤身だけになっているのがお分かりいただけますでしょうか。
こういう天板、とても高価そうに見えると思いますが、メーカーのトイレカウンターに比べるととても安いんですよ。
本物の木ですから同じ物は無く、1枚1枚個性を持っています。その1枚1枚の個性を見てそれを活かしてつくるというのも、造り付けならではの醍醐味ですね。
そういう意味も含めて、大工さんの作業小屋や現場に何度も足を運んで、家づくりに参加して下さい。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 19:36| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ