PAGE TOP

2015年12月16日

鷹栖の家 「廊下」

前回ご紹介した玄関ホールから、奥へお邪魔させていただきましょう。

s-DSC_8360w.jpg

1枚目の写真は、前回見ていただいたホールの戸を開けた状態です。正面に見える柱が8寸(24cm)角の大黒柱で、その向こうがリビング。大黒柱の右側にチラッとタタミが見えていて、そこが和室になります。
廊下とリビング・和室を仕切る戸はあるのですが、1枚目の写真ではその戸を開けた状態で撮影していますので、玄関ホールからリビング・和室が見えているということです。
そのリビング・和室の紹介は後回しにして、先に廊下を見ていただきます。

s-DSC_8304w.jpg

玄関ホールから入って左に曲がると、2枚目の写真のように廊下があります。
廊下の周りに何があるかご説明しますと、写真撮影している(立っている)場所の右側にリビングがあって、少し向うのへこんでいるところを右に行くとキッチン。一番奥を右に曲がると寝室、廊下正面に見えているのは書斎の戸です。
廊下左側は、一番手前に2階へ行く階段があって、少し向うの左にはトイレ、一番奥を左に曲がると洗面所と脱衣室・浴室があるという間取りになっています。
3枚目の写真は、廊下の奥へ行って反対側から写したものです。ご説明した洗面所が見えていますね。廊下正面には、和室があるのも分かります。廊下と和室を仕切る戸も開けて撮影していますので、和室が見えています。

s-DSC_8296w.jpg

このお宅の特徴の一つとして、廊下にもたくさん収納を設けられたということです。それも2枚目・3枚目の写真でお分かりでしょう。
収納の戸がたくさん並んでいます。下だけでなく、壁の上にも戸がずらっと並んでいますから、この廊下の収納だけでも結構な量が入りますよね。
2枚目の写真で、廊下右側一番手前の収納は見せる物を飾っておくために、ガラス扉になっています。玄関ホールから入ってくると、この見せる収納がまず目に入るというわけです。
次回は、廊下の横にあるトイレ・洗面所・脱衣室をご紹介しましょう。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:12| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ