PAGE TOP

2015年11月26日

北代の家 「LDKその3」

前々回はLDK全体を、前回はリビング側のタタミコーナーについてご紹介しました。今回はその反対側のダイニング・キッチン部分です。
写真を見てすぐお分かりのように、この家のキッチンは木製ですね。このキッチンは大工さんの造り付けではなく、家具屋さんにオーダーされた木製キッチンなのです。

s-DSC_8109w.jpg

1枚目のダイニング側から見た写真、こちら側にも食器などを入れれるような収納になっていて、ガラス扉がついていますね。キッチンの左側にある上下に扉がついている部分は、大工さんがつくって建具屋さんの戸を取付けた収納になります。
2枚目の写真、キッチンがよく見えますね。この家の奥様がこだわられたのは、キッチンの天板部分をタイル貼りにされたかったのです。
キッチン周りの間取りをご説明しておきますと、1枚目の写真でキッチンの右側に見える戸の向こうは廊下があって、すぐそこには以前にご紹介した脱衣室・浴室・洗濯室があります。

s-DSC_8114w.jpg

2枚目の写真でキッチンの横にある戸の向こうは、これも以前ご紹介したサンルームがここにあるのです。
ですから、脱衣室・洗濯室・サンルームと奥様が良く使われる水回り部分をキッチンを中心に配置してあるというわけです。
ところで、LDKとタタミコーナーの真ん中部分の上は吹抜けになっているんでしたよね。それは、3枚目の写真を見ていただくとお分かりいただけると思います。

s-DSC_8135w.jpg

2階の吹抜け上部も屋根なりの勾配天井になっていますので、一番高いところにある棟木まで見えるんですよ。これだけの広さのと上は吹抜けになっていますから、とても広く感じるLDKです。
広くて天井が高いといえば冬寒いのではないかと思われるかもしれませんが、吹抜けがある場合は必ず床暖房にしていますので大丈夫です。(薪ストーブにされるお客さまもいらっしゃいますが、この家は床暖房にされました。)
それでも、本当に寒い真冬になると床暖房の他に何か補助暖房がいるのでは?という心配もいりません。真冬でも、床暖房だけで十分暖かいです。
前回のタタミコーナーでも書きましたが、(吹抜けがあっても)一年じゅう裸足で、本物の木の床板を気持ち良く歩いていただける家なのです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 16:55| Comment(0) | 完成した家「北代の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ