PAGE TOP

2006年10月05日

上新保の家 「外観」

最後に、外へ出て外観を見てみましょう。
この家は、シルバーと黒のコンビネーションが特徴的です。
屋根は、ガルバリウム鋼板の立ハゼ葺きで、外壁はガルバリウム鋼板張りの部分と黒い部分には焼杉板が張ってあります。
この家の屋根は、手前の平屋部分から奥にある2階建て部分まで一続きの屋根になっています。この中で、リビングの天井が屋根なりに斜めになっていて、そのまま2階の寝室の天井まで続いている形式です。
屋根は一続きですが、いわゆる平屋部分の外壁を焼杉板張りとして、2階建て部分の外壁をガルバリウム鋼板にしているのです。
上新保の家のご紹介、今回でおしまいです。

s-DSC_3908w.jpg
posted by kusano at 19:15| Comment(0) | 完成した家「上新保の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ