PAGE TOP

2015年10月28日

家づくりに参加する(前編)

家を建てる際には、ぜひ家づくりに参加して下さい。
間取りや仕上げ・設備機器を決める打合せに参加するのは当たり前のことですが、それ以外にも製材所や大工さんの作業小屋、そして現場にもなるべく見学に行って下さいという意味です。

山に生えている木は、伐られる時点では既に60〜100年という長い年月を経ています。その木が製材・天然乾燥され、次に大工さんに墨付け・刻みをしてもらって、ようやく1軒の家が建ち上がります。できれば、そういう過程を見届けていただきたいのです。
つくり手(設計者・施工者)との打合せだけが家づくりではなく、製材所・大工さんの作業小屋・現場を見ていろいろなことを知ることも家づくりの一部なのです。
1軒の家が出来上がるのに必要な年月と、林業家・大工さんだけでなく他にも大勢の職人さんたちの尽力がある。そういう部分も知ることで、一生に一度の家に愛着をもって長く大事に使っていただきたいのです。
ブログで紹介している完成した家では、どのお客様にも家づくりに参加していただいていますが、ここでは「西公文名の家」のお客様が家づくりに参加された様子をご紹介いたします。現場報告でも一部ご紹介しましたが、それ以外の部分も含めてご覧いただきましょう。

s-IMG_6370w.jpg

1枚目の写真、山で行われた伐採ツアーに参加されました。
ここで伐った木が、この家に使われるわけではありません。伐ってすぐに製材・人工乾燥するやり方であれば可能ですが、木が持つ本来の良さを活かす葉枯らし乾燥・天然乾燥をするやり方では伐採から乾燥を終えるまでに月日がかかるからです。
写真は太い木を伐採しているところですが、伐られた断面を見ると年輪が数えきれない位あって何十年もかかって育ったことが分かります。家は、木が育った年数以上に使わなくてはいけませんね。

s-DSCP1881w.jpg

2枚目の写真、山から(林業家が手塩にかけて育てた)娘さんが嫁いできました。(製材・天然乾燥を終えた木が、大工さんの作業小屋に運ばれてきました。)
この家のお客様が、娘(木)さんとご対面です。山では丸太だった木が、家の構造材として四角く製材されました。大黒柱(8寸)や通し柱(6寸)は、想像以上に太いです。立っている柱を見るより、断面が見える方が太さがよく分かるからです。
(現場報告記事:嫁いできた娘)

s-DSCP1888w.jpg

3枚目の写真、嫁いできた娘(木)さんとご対面してすぐに、大工さんと一緒に番付に参加してもらいます。
大黒柱や大きな梁などを家のどこに使うか、またどっち向きにしようか・・・、そんな難しいこと聞かれても困りそうですが、大工さんのアドバイスを聞きながらなので大丈夫です。
番付してもらうというよりは、木のことを知ってもらうためです。木には元末・お腹背中があって使い方のルールがあるなど・・・。決して難しい内容ではなく、分かると木の見方が変わって完成した家を見るのも面白くなるのです。
大工さんは、このように木を正しく見てさらに木の癖も見てどこにどう使うか決めているんですね。大事なことは、木をちゃんと正しく使っていますよということです。
(現場報告記事:嫁いできた娘とご対面)

s-DSCP2010w.jpg

4枚目の写真、番付の後しばらくして作業小屋に行くと、大工さんが墨付けをしているところでした。
墨つぼ・墨差し・差し金といった大工道具を使って、木に線や文字・記号みたいな物を書いています。それだけを見ていてもよく分かりませんが、刻まれるとその意味が分かります。

s-DSCP2124w.jpg

s-DSCP2140w.jpg

5枚目と6枚目の写真、墨付けが終わるとその次は刻み。嫁いできた娘(木)さんを一人前の花嫁にしてくれる(墨付け・刻み)のが大工さんです。
普通の家ならプレカットされる(機械が自動的に墨付け・刻みをする)のですが、大工さんが行う番付・墨付け・刻みは、木の使い方のルールを守る・適材適所に木を活かしてつくるという技術が丈夫で長持ちする家の秘訣なのです。
(現場報告記事:嫁ぐ娘を花嫁に嫁ぐ娘を花嫁に その2)

前編は、ここまで。
紹介する写真の数は少ないですが、実際には毎週大工さんの作業小屋に見学に来て下さいました。
家づくりの参加は、まだまだありますよ。後編につづく。
次回の記事:家づくりに参加する(後編)

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:33| Comment(0) | 家づくりに参加する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ