PAGE TOP

2014年12月19日

冬の晴れ間

久々の富山の風景です。各地で大雪となった今回の寒波、ようやく緩みましたね。
爆弾低気圧をはるかに上回る冬の台風でしたが、皆様の地域では大丈夫だったでしょうか?
ニュースでは、北陸地方の降雪量が80cmとか1mと言っていましたが、それは山間部の最大ですので、富山市平野部では30cmの積雪。平野部でも多かったのは、高岡市や魚津市などで50cmの積雪となりました。
今冬最強というにはあまりにも冬が始まったばかりなのですが、いつもの冬の1月下旬から2月上旬の一番寒い時が12月中旬に来たという感じでした。
それでも富山はまだ雪に慣れていますのでこの位の量ならば、飛行機や長距離のJRには影響ありますが、普段の通勤通学であれば少し多めに時間がかかる程度で大混乱になることはありません。
それよりも、雪に慣れておられない地域での積雪は大変だったろうと思います。このあとは、雪解けによる落雪などに注意して下さい。

s-DSCP1706t.jpg

さて、今日の富山は朝方少し雲がありましたが徐々に青空が広がって写真のような天候になりました。
久々に雪を覆った立山連峰の綺麗な姿を見ることが出来ました。冬の立山連峰と青空、この光景はそれほど多く見ることは出来ません。今回のような寒波・冬型の天候が緩んだ晴れ間に見ることが出来ます。
冬の日照が期待できない富山にとっては、数少ないお天気なのです。(よほど暖冬になれば、晴れる日も増えてきます。)
また、曇りや雪でも少しだけ太陽が顔を出すこともありますが、朝から夕方まで青空が広がる日は少ないので、障子戸を開けて日射を取り込める貴重な1日です。
明日以降、少しだけ気温が高めになりそうですが、それでも平年より低めで雨か雪の日が続きます。
貴重な晴れ間の日には、お天気マークが並ぶ太平洋側の天候をうらやましく思う富山県民なのです。
今年の冬も、それほど寒くならなければ良いのですが・・・。

草野鉄男建築工房


posted by kusano at 18:14| Comment(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。