PAGE TOP

2014年11月25日

伐採ツアー2014

先日、山で伐採ツアーが開催されました。
春に植林ツアー・秋に伐採ツアーと毎年行われている行事ですが、今回のツアーには私のお客様が2組参加されました。既にこの山の木を使って建てられた方と、これからこの山の木を使って家を建てられるお客様です。
既に建てられたお客様は、この山の木を使わせていただいた御礼の意味もありますが、今回が初めての参加ではなく今までも何度か参加しておられます。
何度行っても飽きることがなく、行く度に新しい発見・勉強になることがあるそうです。また今回は、一緒に参加されたこれから建てられるお客様の(家づくりの)先輩としても参加していただきました。

s-IMG_6370.jpg

これから建てられる方は初めての参加でしたが、樹齢100年の大きな木が伐採される様子を見てとても感動したそうです。特に、子供が大はしゃぎでとても喜んでいたと言っておられました。
山で伐採の見学もしますが、このツアーでは製材所・木材加工場も見学コースに含まれています。
そこにもたくさんの丸太が置いてあり、柱・梁など構造材の製材や板材に加工しているところ、そして製材加工を終えた材料を天然乾燥している様子を見学します。
林業家から、加工から天然乾燥までのこだわりや苦労話を聞いて、とても大事に木を扱っておられるという印象だったそうです。

s-IMG_6385.jpg

普通の家なら、上棟直前に現場に材木が運ばれてきて初めて自分の家の木を見ますが、実際には家に使う木を伐るところから始まっています。
木を伐ってから現場に運ばれてくるまでには、林業家・大工さんのご苦労があって家の材料になる訳です。普通なら見れないそういう部分を知ることによって、家を大事に長く使っていただきたいですね。
木は自然素材ですから、木の色や年輪の形成のされ方など、育った地域による違いがあります。しかしその違いは、木材の品質としては大した問題ではありません。それよりも、伐った後の処理・加工による違いの方が重要です。
木を適材適所に選別すること、木の良さがちゃんと出るように加工すること、こういうことが長い目で見た家の性能や住み心地として影響します。
昔の家は、こういう材料を用いて大工さんも木のことを考えたつくり方をしてきたので、長持ちもしますし古民家再生もできるのですね。

今回参加されたお客様は、家づくりの思い出が1ページ増えたことと、木の大切が良く分かられたようです。また、既に本物の木の家に住んでおられる先輩からも家づくり・住み心地などいろいろな話を聞けたことも、とても参考になったそうです。
なお掲載した写真は、参加されたお客様にいただいたものです。ありがとうございました。また参加されたお客様、お疲れ様でした。
私も一緒に同行を・・・と思っていたのですが、やむを得ない用事で行けませんでした。同行もそうですが、昨年はわが家を建てましたので本来なら御礼という意味で参加しなければいけません。来年こそは・・・。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:43| Comment(0) | 植林・伐採ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ