PAGE TOP

2014年06月27日

呼吸する家・呼吸しない家

木の家の良さを表す言葉として、呼吸する家と言います。
呼吸する家とはどんな家で、逆に呼吸しない家はどんな家なのでしょう。
木は、湿度が高くなってくると湿気を吸って(除湿)くれて、湿度が低くなると自分が持っている水分を出して(加湿)くれます。そういう調湿作用があることを、木が呼吸すると言います。
家の柱梁など構造材を見えるようにつくり、なおかつ床や天井なども板張りにする本物の木の家は、呼吸してくれる家です。
その呼吸が自然の調湿(除湿・加湿)をしてくれるので、除湿器や加湿器など機械に頼らなくても良い家なのです。

では呼吸しない家はと言うと、呼吸しない(調湿作用のない)材料を使った家、つまり合板フローリングやビニールクロスなど建材に囲まれた家のことです。
それをもう少し分かりやすく例えて表現すると・・・
梅雨時期など湿度の高い時、カッパを着ると蒸し暑くてダラダラ汗が出てきます。ゴム製やビニール手袋をはめて掃除などすると、手が汗でビショビショになりますよね。
大きなビニール袋があったとして、その中に入ると同じように汗がダラダラ流れ出るのが想像できると思います。
まさにこれと同じ状態で、呼吸してくれない材料の中に住む=ビニール袋の中にいる、なのです。
そのままでは蒸し暑くて生活できないので窓を開ける。外の風が入る時はまだ良いのですが、ずっと開け放しにしていると家の中が湿気でジメジメ、床板がベタベタしてしまいます。
窓を閉めても湿度の高い状態はそのままなので、除湿器・エアコンなどの機械で湿度を下げる。呼吸しない家とは、自然の調湿が無いため機械に頼らざるを得ない家のことです。

日本の気候は高温多湿ですから、湿気をどう対処するかが健康で暮らすための・住み心地を良くするためのポイントです。
湿度が高いと、食べ物も腐りやすいですし、家の中のカビの原因にもなります。また、壁の中に覆い隠された構造材も腐りやすくなってしまいます。
そうならないようにするために、建材の家は除湿器・エアコンなどの機械が必要不可欠なのです。
しかし、エアコンをつけたらそれですべてが上手くいく、のなら良いのですが・・・。
電力消費量・CO2排出による環境問題そして異常気象まで関連しているのは、エアコンの膨大な数も一つの要因であることはご存知でしょう。
そこまでの大きな問題は別として個人・家族レベルで見ても、エアコンの使い過ぎ(温度・使用時間)によって体調を崩す・汗をかけない体に、わざわざそうしているようなものです。
エアコン以前の問題としては、有害物質を含む建材を多用することによるアレルギーの病気などを引き起こしていることも事実です。
こういう家は、除湿器・エアコンがないと生活できないのは仕方ないとしても、そういう機械が悪いのでなくて、機械に頼らざるを得ない家のつくり方が問題であると言えます。
最近では、省エネのためにエアコンの設定温度を上げましょうとか又はつけないという方もおられますが、エアコンが無くてはいられない家にとっては大変なことですよね。

s-DSC_7582w.jpg

それよりも、ちょっと家のつくり方を変えるだけで、機械に頼らない家にすることができます。機械がやっている除湿・加湿を自然の材料でやってもらえば良いことで、それが木の呼吸なのです。
前述の通り、建材の家は機械で除湿しない限り高い湿度はそのままであるのに対して、本物の木の家の場合は窓を開けていれば外の空気の湿度に近い数字になりますが、その状態でも木はサラサラ・床を裸足で歩いてもサラサラしていて、木が呼吸する家ならではの心地良さなのです。窓を閉めれば徐々に家の中の湿度が下がり始めます。これが自然の除湿です。
乾燥する時期や冬の暖房で乾燥する場合は、持っている水分を出して自然の加湿をしてくれます。
呼吸する家として大事なことは、うちじゅうがそういうつくり方であることです。リビングなど部屋だけ木を多く使って、廊下や脱衣室はそうでないというのは、デザインとして木を使った木の家だと言えます。呼吸する家と謳うのであれば、うちじゅうがそうでなくては意味がありませんからね。

写真のようなつくり方は、ちょっとどころかとても大変だ、柱梁が見えるだけで(特別な木・高価な木材を使っているような)凄いものに見える方もいらっしゃるようです。
でも良く考えていただきますと、呼吸しない家には柱梁が無いのでしょうか。ツーバイフォーならありませんが普通の在来軸組工法であればどの家にも必ずあるものです。
それを壁や天井で覆い隠すから見えないだけで、せっかく使ってある柱梁(普通の家に使ってある物と同等の木)にも呼吸してもらうために覆い隠さずに見えるようにつくる、だけのことです。
呼吸してもらうというのもありますが、呼吸しているから木自身も長持ちするのです。これも、とても重要なことです。
呼吸する(木が呼吸している)家=自然の調湿で住み心地が良く、なおかつ長持ちする家になるわけです。
まずは、自分・家族が健康に住む家にするためには・・・・から考えてみて下さい。
posted by kusano at 17:17| Comment(0) | 家づくりあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ