PAGE TOP

2014年03月29日

「お客様からのご報告」を拝見してきました。

先日、あるお客様の家に行ってまいりました。
その家とは6年前に完成した家で、本物の木の家の暮らしぶりなどをメールでご報告して下さっているお客様です。
以前に「お客様からのご報告2」(カテゴリ:木の家の住み心地を検証する)という記事でご紹介しています。
私だけでなく、また別の(熱心に温熱環境を計測していただいている)お客様と一緒に行きました。この家の冬の暮らしぶりを見せていただくためです。
上記の記事に書いてありますが、吹抜けのある開放的な間取りの家で、暖房は床暖房とエアコンを併用して年々暖房エネルギーコストの削減をしていらっしゃいます。
今年の冬は、昨年よりもまたさらに減りそうですよと、住み始めの冬からのデータもいただきました。ちゃんとデータをとっていらっしゃるんですね。
もうすぐすると今年の冬も終わりますから、今年の最終データもまたご報告いただけると思いますので、これについてはまたご報告の後に・・・。(報告の催促になってしまいますが。)
ところで、この家の昨年の一大イベントが、五箇山和紙を使って障子の張替えをされたことです。(これについても、詳しくは上記のお客様からのご報告2をお読み下さい。)
それに関する写真も送っていただき、記事の中でご紹介しましたが、その実物を拝見してきました。

s-DSCP1163.jpg

1枚目の写真が、その障子戸です。戸が4枚ありますが、引違い2枚+引違い2枚(戸の溝2本)の形式ではなく、戸の溝4本の形式ですのでそれぞれの戸が右から左までどこにでも動かせるということです。
つまり、溝2本形式ですと障子戸を開けると半分しか開きませんが、溝4本形式の場合は右か左かのどちらかに戸を寄せれば4分の3が開くということです。
写真では、普通の障子紙と同じような白い紙にしか見えないかもしれませんが、実物は普通の障子紙とは全然違います。
昔からの製法でつくられた楮100%の和紙で、とても分厚くて耐久性抜群なのだそうです。手で破こうと思ってもかなり力がいります。楮の繊維が目立たないタイプを選ばれたので、こうして写真で見ると普通の白い紙に見えています。

s-DSCP1164.jpg

2枚目の写真で椅子にかけてある紙が張る前の状態の和紙で、写真では分かりにくいのですが張ってある和紙よりもだいぶ黄色っぽい色をしています。
紫外線にさらされていくうちに、黄色っぽい色が白になってくのだそうです。白い紙が黄ばんでいくのと反対なんですね。
この紙を見て思い出したのが、合掌造りの家です。合掌造りの家では、障子戸1枚で家の内外を分けていますが、あの戸に張ってある紙はこういう分厚い昔ながらの製法の和紙だということです。
この和紙を張る時は、市販の糊ではダメだそうです。市販の糊には添加物が入っているため、紙よりも先に糊が劣化するかもしれないからです。なので、表具屋さんに昔ながらの糊のつくり方を教えてもらって、その糊で張ってあるのです。
紙も糊も今の物がダメで、耐久性・長持ちさせるなら、自然素材を昔ながらの製法でつくる・・・のが一番なのですね。
木・木材ももちろんそうですし、家づくりそのものも同じだなと、この障子戸・和紙の実物を見て実感させていただきました。

昨年の夏にご報告をいただいた時に、五箇山和紙を張った障子戸を見に来て下さいね、と書いてありました。
冬にもかかわらず、突然温熱環境計測におしかけてこの障子戸を拝見させていただきました。(わが家の障子にも五箇山和紙を張りたくなりました。)
この家のお客様、ありがとうございました。


posted by kusano at 16:58| Comment(0) | 木の家 その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。