PAGE TOP

2014年02月24日

体が楽になった!

今年の富山の冬は、雪が少なくて助かっていますが、気温は例年並みに寒いです。低温注意報が出る日も多いように思います。
12月の中旬から新しい家に引っ越し、とても暖かい暮らしをしているので、今年の冬は暖かい冬だなと勘違いしてしまいます。
そんな冬を過ごしていて、先日妻が「この家に住んでから体が楽になった。」と言いました。
ストレスがなくて、体が楽なのだそうです。そのストレスとは・・・、寒さからくる体へのストレスだそうです。

前の家は断熱材のない家でしたので特別ですが、暖かい部屋から廊下に出て寒い、トイレ・脱衣室・お風呂に入って寒いというのは、富山の冬の悩みの種です。ですから富山では、トイレ・脱衣室の他に、廊下に暖房器具が置いてある家も珍しくありません。
寒い思いをするという意味では、そういう暖房してある所としてない所による寒さだけでなく、起床時や外から帰ってきた時の寒さもあります。
タイマーで朝起きる30分前にファンヒーターをつけてあるが、それでもまだ寒いので起きてしばらくはファンヒーターのすぐ前に座って体を温める。
外から帰ってきたら、まずファンヒーターをつけて部屋を暖めながら、体も温めるためにファンヒーターの前に座っていなければいけない。
体はなかなか温まらないけれど、行動を始めないと食事など時間が遅くなるので、仕方なく動き始める。
こんな風に行動していたので、時間がすぐに経ってしまっていたのです。

それに対して新しい家は、廊下に出て寒い、トイレ・脱衣室に行って寒いという家の中の温度差はなく、朝起きても外から帰ってきても暖かいです。
前の家のように、まず体を温めて・・・ということをしなくても良いので、すぐに行動にとりかかれる。
新しい家で自然にそう動いていると、家事などがあっという間に進み「あれっ、まだこんな時間?」と時間に余裕があることに気付いたそうです。時間がある分、体を休めるゆとりができていたのです。

前の家での、ファンヒーターの前で体を温めるという時間は、体を休めていたのではなく寒いのをファンヒーターの前で我慢する無駄な時間だったようです。
こういう、寒い思いをしなくてよい体の感じ方や時間の余裕によって、体がすごく楽になったというわけです。
私の場合は、既に暖まっている部屋に帰宅して・・・という行動パターンでしたから、そこまでは分かりませんでした。
暖房している部屋としていないところの温度差もヒートショックですが、起床時の寒さ・帰宅時の寒さをこらえるのもヒートショックです。
これが少ない家の方が、体に負担が少ないことは間違いないようです。

最近建てた家なら暖かいので問題ないとして、寒い思いをしておられる家であれば暖かくするリフォームや、リフォームまでいかなくても少しでも暖かくする工夫もありますので、ぜひそれを実践していただきたいと思います。
そうすることで、暖かく体にも精神的にも良い健康な暮らしができてなおかつ光熱費が安くなり、そして環境にも優しい省エネ効果になりますね。
posted by kusano at 19:15| Comment(0) | 木の家の住み心地を検証する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ