PAGE TOP

2013年03月31日

構造見学のお知らせ「池多の家」

以前よりホームページにて構造見学のご案内をしておりましたが、ようやく開催のお知らせです。
本来なら、昨年の暮れに上棟する予定が都合により延びました。今冬は、幸い雪が少なかったのですが、気温が低い日が多かったです。
そのため基礎工事(コンクリート打設)を慎重に行いました。コンクリート打設後しばらくは、低温にならないようにしなければいけないからです。
その分基礎工事に時間がかかりましたが、気温が高くなる天候を見ながら打設しましたので、しっかりとした基礎をつくることができました。

さて、お待たせした構造見学のお知らせです。
天然乾燥された国産材をふんだんに使った本物の「木の家」です。
大工さんが手刻みする伝統的な工法の良さを生かした家、構造材から板材まで木が呼吸する家、それが日本の気候風土にあった家づくりです。
真の「丈夫で長持ちする家」の造り方をご覧になってみたい方、興味のある方は、ぜひ見学にいらして下さい。

s-DSCN8867.jpg

「池多の家」構造見学
場所 富山市池多
   詳しい場所は、お申し込み後にご連絡させていただきます。
日時 2013年3月30日(土)午後2時〜5時
          31日(日)午前10時〜午後4時


2日間共、この家に使っている材木を用意してくれた林業家も現場に来てくれます。
木の話、家づくり全般の話、本物の木の家と省エネの話をさせていただきます。
また、木のこと・木の家に関するご質問などございましたら、ご遠慮なくどうぞ。

s-DSCN8910.jpg

見学会という形式ではなく、見学希望のお申し込みをされた方のみ、とさせていただきますのでご了承下さい。
見学日時は上記の通りで、お申込み時に希望の日時をお知らせ下さい。

お申し込みは、27日(水)までとさせていただきます。
お申込み・お問合せは、草野鉄男建築工房までメールまたはお電話でどうぞ。

(上記の期間以外の見学も可能です。ご希望の方は、お問合せ下さい。)

s-DSCN0427t.jpg

写真の解説
1枚目の写真は、山から天然乾燥を終えた木が運ばれてくると、まず番付をします。主要な木の番付は、お客様にも参加していただきます。大工さんとお客様の前にある大きな木が、8寸(24cm)角の大黒柱2本。大黒柱のどの面をリビング側にしようか・・・。
2枚目の写真は、番付が終わって墨付け。写真の木は、適材適所の土台。丈夫で長持ちするための根本である適材適所とは・・・? うちじゅうの木を適材適所でつくる家づくり。
3枚目の写真は、以前に建てた家の建て方の様子ですが、骨太な構造体はどの家も同じです。大黒柱2本と、四隅に立っているいるのが6寸(18cm)角の通し柱です。

骨太な材料を使い、伝統的な継手・仕口で組み上がった構造体、天然乾燥の木の色艶・香りなど、写真で分からない部分を現場でご覧下さい。
posted by kusano at 17:23| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ