PAGE TOP

2012年12月28日

クリスマス寒波が過ぎて

久々に、富山の風景をお届けします。
このブログで何度も登場している場所ですが、富山市の中心部より少し西側に位置する呉羽山の展望台から眺めた富山の街並みと立山連峰です。
山は雪で白くなり、平野部にも雪が積もった後は、ビルや住宅の屋根の上が白くなる光景です。
クリスマス寒波がすぎて、雲一つない青空となった昨日でした。
あまりにも天気が良く、また立山連峰が綺麗に見えていましたので、現場の帰りに呉羽山へ寄ってみました。
こういう日は、カメラを持った人がたくさんこの展望台に集まってきます。その様子をとらえるテレビ局も来るほどです。

s-DSF_1627w.jpg

それにしても今年も寒い冬ですね。
今日現在では、富山市平野部の積雪は5cmと大したことありませんが、12月の9日に積雪43cmになってまだ12月の上旬なのに・・・、とビックリでした。
今回のクリスマス寒波では雪の量は少なかったのですが、最低気温が氷点下の日が続く寒いクリスマスとなりました。
寒波の峠がすぎて天気が回復し放射冷却のせいもあり、昨日の朝は−6.1℃と、こんな最低気温って初めて?と思うほど。
富山地方気象台(富山市平野部)の12月の最低気温の記録を調べてみますと、観測史上1位は1967年12月31日に−8.5℃、第2位はその前日1967年12月30日で−7.9℃。
第3位1947年12月20日−7.4℃、第4位1947年12月30日−6.4℃と続いて・・・、第5位が昨日の−6.1℃という記録。
6位〜8位が1944年〜47年で、9位1973年、10位1985年と続きます。1位と2位が同じ年、3位と4位も同じ年、寒い年は寒い日が多いようです。

s-DSF_1622w.jpg

今冬もこういう状況ですから、先が思いやられますね。みなさま、低温や積雪の量に気を付けて下さい。
今年は、仕事以外でもスクールの運営や町内・校下のお手伝いなどで忙しく、ブログの更新も少なくなってしまいました。
来年は、もう少しブログを書かなければと思っておりますので、また草野鉄男建築工房のブログ、よろしくお願いします。
ではみなさま、良いお年をお迎え下さい。



posted by kusano at 18:36| Comment(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。