PAGE TOP

2012年06月29日

北代の家 「脱衣室」

前回のトイレに引き続き、水回りをご紹介しましょう。今日は、脱衣室です。
1枚目の写真の右端に、浴室がチラッと見えていますので、浴室横の脱衣室であることがお分かりいただけると思います。(この家の浴室は、ユニットバスです。)
脱衣室の広さは、タタミ3帖分とゆったりめにされました。

s-dsc_8083w.jpg

ご覧の通り、既製品の洗面化粧台ではなく、造り付けの洗面カウンター・鏡・収納(小物入れ)です。大工さんによる造り付けなのです。
洗面カウンターは、大工さんが下地をつくって、その上に人造大理石のカウンターを載せてあります。カウンターの下部は、オープンのままにされましたが、ここに建具をつけることもできます。(鏡と小物入れについては、3枚目の写真で。)
2枚目の写真は、洗面カウンターの反対側にある収納です。収納というか、上部には可動式の棚があり、その下は木の戸が取りついている部分が2段ありますね。そして、木の戸の上には隙間があります。
これは、何かお分かりでしょうか?

s-dsc_8088w.jpg

そうです、洗濯物入れです。下の戸の隙間から、カゴがチラッと見えていますね。洗濯物を入れるカゴです。洗濯物を入れるための隙間だったのです。
しかも、戸1枚につき1つのカゴが入れてありますので、合計4つのカゴが入っています。下のカゴが深いカゴ、上のカゴが浅いカゴというわけです。
つまり、分別式洗濯物入れだったのです。この家のお客様のこだわりの洗濯物入れなのですよ。
3枚目の写真は、1枚目の写真には写っていなかった小物入収納も見えていますね。本物の木で造ってある小物入れです。(この小物入れも、戸をつけたければつけることもできます。)
他の家でもご紹介した違うパターンでは、鏡が扉になっていてその鏡戸を開けると、小物入れになっているという形式もあります。

s-dsc_8087w.jpg

この家では、扉を開けずに小物を出し入れするようにされたというわけです。
ですから、この家の鏡部分は固定された鏡になっています。その隣にある窓を合わせて、一つの木枠で造ってありますので、鏡と窓がセットになっているように見えます。
このように洗面カウンター・小物入れの造り方、そして洗濯物入れを兼ねた収納など、こういう部分と言うのはお客様によってさまざまな造り方があるものです。
その家のお客様のこだわりが強く出る部分です。ただ共通なことは、どの家も本物の木で造ってあるということ。
見た目・デザインのために木を使っているのではなく、本物の木の良さを発揮(住み心地・健康のため)できるように木を使うことが重要な部分なのです。
posted by kusano at 19:51| Comment(0) | 完成した家「北代の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ