PAGE TOP

2012年05月21日

金環日食

今朝は、金環日食フィーバーでしたね。皆さんも見られましたか?
富山は、残念ながら金環帯にかかっていなかったので、金環にはなりませんでしたがそれでも92%がかける大きな部分日食です。
東京では少し雲もあったようですが、富山ではかけ始めから終わりまで雲もなく見ることができました。
つい先日までは、見る予定にしていなかったのですが、子供が運動会の振替え休日ということもあり、せっかくだから見ようということに・・・。

s-DSE_1818w.jpg

あわてて日食グラスや太陽観察オペラグラスなどを買に行って、売り切れのところも多かったのですが、何とか手に入りました。
カメラの減光フィルターも用意しようかと思ったのですが、そこまでは諦めて。
グラスやカメラで太陽ばかり見ているのも目に良くないと思ったので、実験もかねて太陽の光を紙に写す観察も行いました。時間もなかったので簡単な方法で、ピンホールカメラの原理を利用したものです。
それをカメラで撮影しました。少し鮮明さにかけていたり、手で持っているのでブレていなりなどしている写真ですが、こんなことをやりましたというご報告です。

s-DSF_1091w.jpg

1枚目の写真は、日食でかけた太陽が7個写っています。鏡に穴を開けた紙を張ってスクリーンの紙に太陽が写っています。
6個の穴を開けた紙を張った鏡1枚と1個だけ穴を開けた紙を張った鏡1枚、合計2枚の鏡を1つの紙に写してみましたので、7個の太陽があります。
2枚目の写真は、穴あきの鍋敷きを使っています。それを手に持って、紙に近づけたり離したりしながら、どう変化するかを実験してみました。
3枚目の写真は、紙に小さな穴をたくさんあけてやってみました。2枚目も3枚目も小さな太陽ですが、ちゃんとかけた太陽が写っています。

s-DSF_1102w.jpg

他にも、木漏れ日があるところに行って見てみると、かけた太陽の集まりが見れましたね。
富山では、6時20分頃からかけ始めて、食分0.92に達したのが7時40分頃、そして9時ちょうど位で終了。
最初は、わざわざ道具を買って見るほどでもないと思っていたのですが、いざ観察してみるとやっぱり感動しますね。子供たちと良い思い出ができました。こうして、太陽・月・星などを見るのも面白いものですね。
富山で次にみられる日食は、2016年3月9日。食分は0.21の部分日食だそうです。また、見てみようと思います。


posted by kusano at 18:09| Comment(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。