PAGE TOP

2011年05月15日

構造見学のお知らせ 「尾山の家」

天然乾燥された国産材をふんだんに使った本物の「木の家」です。
大工さんが手刻みする伝統的な工法の良さを生かした家、構造材から板材まで木が呼吸する家、それが日本の気候風土にあった家づくりです。
真の「丈夫で長持ちする家」の造り方をご覧になってみたい方、興味のある方は、ぜひ見学にいらして下さい。

s-dsc_8626.jpg

「尾山の家」構造見学
場所 黒部市尾山

   詳しい場所は、お申し込み後にご連絡させていただきます。
期間 2011年4月29日〜5月15日

s-dscn4915.jpg

見学会という形式ではなく、見学希望のお申し込みをされた方のみ、とさせていただきますのでご了承下さい。
見学期間は上記の通りで、土曜日曜・平日を問わずご希望の日時をお申し込み下さい。(上記の期間以外をご希望の方もお問合せ下さい。)
お申し込みは、見学希望日の3日前位までにお願いします。
お申込み・お問合せは、草野鉄男建築工房までメールまたはお電話でどうぞ。

s-dscn4543.jpg

ここに掲載したの写真は、以前に完成した家の建て方の様子ですが、骨太な構造体はどの家も同じです。
1枚目の写真の真ん中に、大黒柱がそびえたっています。大黒柱は8寸(24cm)角の太さで、家の角の通し柱は6寸(18cm)角の太さが標準です。
2枚目の写真は、小屋組(2階の屋根)部分です。大きな母屋・棟木・屋根垂木で組み上げられています。
3枚目と4枚目の写真、粘り強い伝統的な構法の継手・仕口を、大工さんが手刻みしているところです。3枚目の写真で作業しているのが大黒柱で、とても太いのがよく分かりますね。

s-dscn4553.jpg

骨太な材料を使い、伝統的な継手・仕口で組み上がった構造体、天然乾燥の木の色艶・香りなど、写真で分からない部分を現場でご覧下さい。
posted by kusano at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ