PAGE TOP

2010年12月03日

苗加の家 「脱衣室」

苗加の家、今日は脱衣室をご覧いただきましょう。
1枚目の写真は、脱衣室の入り口側から。2枚目の写真は、その反対で脱衣室の奥から入り口側を見ています。
この脱衣室の広さは、3帖。入り口側から、収納棚・洗面カウンターと並んでいて、その奥の空いているスペースが洗濯機を置く場所です。
見てお分かりのように、収納棚も洗面カウンターも、既製品ではなく大工さんの造り付けによるものです。
収納棚は、床から天井まですべて収納できるようになっていて、その中の棚板は収納する物に合わせて高さを変えられるようにしてあります。

s-DSC_7638s.jpg

洗面カウンターの方は・・・、まずカウンターの天板は、人工大理石です。そして洗面器は、これはちょっと珍しいというかあまり見たことがないタイプのものですね。
実はこれ、住宅用の洗面器ではなく、病院用流しなのです。(病院用だからといって、住宅に使ったらダメということはありません。)
写真ですので、スケール感がつかみにくいと思いますが、大きさも結構大きいのです。幅が76cm・奥行き47cmあります。(外形寸法で)
大きいので、深さも浅そうに見えるかもしれませんが、「深さが20cmあり、水はねしにくくなっています。」とカタログに書いてあります。

s-DSC_7641s.jpg

水栓は、壁付けタイプのお洒落なものが取り付けられていますね。
洗面カウンター上の鏡は、これはどこかに売っていそうな鏡ですが、これも既製品ではありません。
当初は、お客様が買ってこられた鏡をそのまま取り付けるだけという予定だったのですが、現場の段階で鏡の回りに木枠があった方が良いのでは?ということになり、その木枠を大工さんに造ってもらったのです。この方が、この脱衣室にピッタリでしたね。
という風に、この家の奥様のこだわりで、こういう脱衣室が出来上がったのです。
貴方なら、どういう風につくられますか。
posted by kusano at 15:53| Comment(0) | 完成した家「苗加の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ