PAGE TOP

2010年11月02日

苗加の家 「LDK その3」

こちらの家、前回までLDKその1〜その2と、リビング・ダイニング・キッチンをぐるっと見渡しました。
リビング・ダイニング・キッチンが、リビング横の和室も含めて、オープンにつながっている広々とした空間であることがお分かりいただけたと思います。
そしてこの家は、リビングの上部が吹抜けになっているので、平面的な広さに加えて立体的にも大きな空間なのです。今日は、それをご覧いただきましょう。
1枚目の写真も2枚目の写真も、リビングの上が吹抜けになっていることが良く分かります。

s-DSC_7608s.jpg

1枚目の写真は、リビング横の和室側から見るとこういう風に見えます。1階では、ダイニングキッチン方向が見えていますね。2階には、吹抜けに面したホールと部屋があります。
2枚目の写真は、1枚目の場所の反対側から見たものです。1階に、リビング横の和室がチラッと見えていて、階段もありますね。2階は、1枚目の写真にも見えていたホールと、また別の部屋があります。
ですから、吹抜けに面してホールがあって、吹抜け・ホールを中心にその両側に部屋がある間取りになっています。
このように、1階と2階が立体的につながっているのです。

s-DSC_7603s.jpg

2階のホールは、吹抜け越しに1階とつながっているのはもちろんですが、2階の部屋も吹抜けに面した窓や開放できる戸があることによって、2階の部屋までつながっているのです。
1階の和室の戸も2階にある部屋の戸も開け放すと、1階から2階まで全部あわせて大きな一つの部屋になるのです。どこにいても、家族の姿・様子がうかがえますね。
どちらの写真にも、大黒柱が見えます。太い大黒柱が2階上部まで、どっしりとそびえ立っています。2階ホールの天井は、屋根(の裏)がそのまま見える勾配天井なのですが、さすがにそこまでは写っていません。
そこら辺は、また2階部分でご紹介しますね。
posted by kusano at 18:06| Comment(0) | 完成した家「苗加の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ