PAGE TOP

2010年10月29日

下新町の家 「脱衣室」

前回は、クローゼットをご紹介しました下新町の家です。そのクローゼットは寝室の隣にあって、寝室から直接出入り出来るようになっていました。
寝室から直接出入りできる部屋がもう一つありまして、その部屋とは・・・タイトルや写真でもうお分かりでしょう。脱衣室だったのです、寝室からすぐお風呂に行ける形式ですね。
寝室からも直接行けるのですが、以前にご紹介した寝室横の廊下(寝室の延長の通路部分)からも、脱衣室に行くことが出来るようになっています。

s-DSC_7148s.jpg

1枚目の写真は、その通路部分から脱衣室に入った時に見える状態。
写真の左端に写っているのが、寝室へ出入りする戸になります。壁と似たような感じで写っているので分かりにくいかもしれませんが、木の戸ではなく襖戸なのです。
戸よりも、正面にある便器に目が行くと思いますが、脱衣室の中にトイレもあるのです。ですから、このトイレは基本的に家族用ということですね。
もう少し奥に進むと、2枚目の写真になります。1枚目の写真にもチラッと写っていましたが、洗面カウンターが全部見えていますね。

s-DSC_7153s.jpg

パッと見てお分かりのように、これも大工さんの造り付けによるものです。
台の部分は、大工さんが厚さ3cmの杉板で箱を造り、その上に白い(人工大理石)カウンターが載せられています。そして、お気に入りの水栓を取り付けると、このような洗面カウンターが出来上がります。(カウンターの色・種類も、水栓もお客様のお好みで。)
また、洗面カウンターの下部をどのように造るか、そこを写真のようにオープンにしておくか扉を付けるか、などもお客様によっていろいろです。
洗面カウンターの上の鏡部分も、大工さんの造り付けです。鏡は扉になっていて、鏡扉を開けると収納になっています。これも同じく、杉板を使った収納の箱を大工さんが造り、建具屋さんが鏡扉を造って収納箱に取り付けるのです。

s-DSC_7162s.jpg

さらにこの家では、鏡収納部分に間接照明を設置されました。
2枚目の写真では、その間接照明は点けていませんが、点灯させると・・・3枚目の写真です。
そしてさらに・・・、まだ何があるかといいますと、3枚目の写真の脱衣室の天井を見ていただきますと、スピーカーが設置されています。
脱衣室の照明をうす暗くして、鏡収納の間接照明をメインにして、音楽を聴きながら・・・。
リラックスできる脱衣室ですね。
posted by kusano at 19:14| Comment(0) | 完成した家「下新町の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ