PAGE TOP

2010年10月26日

苗加の家 「LDK その2」

今日は、苗加の家です。前回、LDKのうちのリビング部分をご紹介しましたね。
今回は、ダイニングキッチン側を見ていただきましょう。前回の写真で言えば、背中側を見ることになります。
1枚目の写真も2枚目の写真もダイニングキッチン側ですが、ずっとつながったオープンな空間になっていますので、前回の写真と今回の写真あわせると、LDKの中心に立ってグルッと見渡しているような感じです。

s-DSC_7582s.jpg

1枚目の写真の右側に、引戸がありますね。その向こうは、玄関ホール。その左に、太い柱があるのがお分かりでしょうか。この柱が、前回書いたもう1本の大黒柱です。
大黒柱の向こうには、キッチンがあります。木のキッチンのようですね。(これにつきましては、改めてご紹介させていただきます。)木のキッチンと木のカウンターがあって、その左がダイニング部分になります。
そして、2階に行く階段があって、その右にある戸の部分は階段下収納の扉です。(そのまた右の奥にある部屋も、また改めて。)
2枚目の写真では、そしてまだ右方向を見ていくと、前回の写真にもあった和室部分があるのが分かりますね。

s-DSC_7580s.jpg

また、2枚目の写真では、先ほども書いた大黒柱が2本とも見えていますので、2本の大黒柱の位置関係がお分かりいただけると思います。
LDKと廊下が別になっているのではなく、こういう風に大きな一つの空間になっています。面積的には、階段を除いて約23帖の大きさ。それに、和室部分を開放してその部分6帖を含めると、約29帖です。
それ以上に、広く感じるゆとりのあるLDKになっています。
次回・・・LDKの紹介、まだ続きますよ。
posted by kusano at 18:17| Comment(0) | 完成した家「苗加の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ