PAGE TOP

2005年06月05日

一条の家 「LDK」

一条の家は、前回までで2階部分の紹介を終えました。
この写真は、1階のLDKです。
広さは24畳分あって、畳を敷いてある部分もありますが、どこがリビングでどこがダイニングというスペースの決まりもなく、臨機応変に使われるような感じです。
写真に中央には、この家の2階まで延びている大黒柱が見えています。
左側にある格子戸の向こうは玄関ホールで、その横のオープンなところからはトイレや浴室・階段に行けます。
キッチン側の引き戸からも、同じ場所に行けるのです。
この家の間取りは、床面積が大きくならないよう、シンプルにまとめてあるのが特徴なんです。
それと、廊下との境をオープンにできるのは、床暖房をしてあるからなんですね。
2階にも床暖房が入っていますよと紹介していましたが、1階部分もそのほとんどに床暖房が入っていますので、家じゅうに温度差がないというわけです。
でも、柱・梁といった構造材も床や天井の板も、色が揃っていると部屋の感じも良いですね。
すべて同じ山の木から取っていますので、色が揃うんですよ。

FI1450633_0E.jpg"

posted by kusano at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 完成した家「一条の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LDK24畳なんてステキすぎです!<BR>やっぱり広いっていいですよね。<BR>どんどん夢ばっかりふくらんじゃって・・・
Posted by スーロ at 2005年06月05日 20:46
スーロさん、いつもありがとうございます。<BR>間取りや部屋の大きさ等は、その家族だけの生活スタイルや、その他の<BR>条件で変わってきます。<BR>空間的に、こんな感じの木の家もあるんだな、と参考にしていただければ。<BR>やっぱり、本物の木でつくると違いますよ。<BR>また、他の家も参考にしてくださいね。
Posted by 草野 at 2005年06月06日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124193469

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ