PAGE TOP

2005年06月01日

野町の家 「勉強スペース」

野町の家、前回は子供スペースを紹介しました。
3階の子供スペースは、最小限の着替えと寝るためのスペースで、勉強スペースは別にあると書いてありましたよね。
その勉強スペースが、上の写真で広さは4畳分ですので、1人分が2畳ということになります。
このスペースに、机や本棚等を置かれることになると思います。
ただし、それはあくまでも予定であって、まだしばらくはこの下のリビングかダイニングで親の横で勉強されているかもしれません。
前回の子供スペースと今日の勉強スペースは、ダイニングの上の吹抜けをはさんだ両側に位置します。

FI1435624_0E.jpg"

下の写真は、2階のダイニングから上の方を見た写真で、右上の3階部分が勉強スペースになります。
その向かい側、この写真でいうと左上の3階部分が子供スペースになるわけですよね。
今までのこの家のLDKや吹抜けの写真を見ていただくとわかると思いますが、2階から3階に上がる階段と吹抜けしか見えていません。その両側にある子供スペースと勉強スペースは、どうやって行き来するのでしょうか。
次回は、そこら辺をご紹介しますね。

FI1435624_1E.jpg"

posted by kusano at 19:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 完成した家「野町の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強スペースっていいですね。<BR>私もぜひ作りたいです!<BR>家族で並んで勉強・・・<BR>あぁ理想です!
Posted by スーロ at 2005年06月02日 08:53
祖父の家には勉強部屋があります。<BR>こじんまりとした部屋に今でも座り机が4つ置かれてます。<BR>母も伯父たちも、そこで祖父と一緒に勉強してたそうです。<BR>祖父は教師でしたから、毎日勉強(あるいは授業の準備を)してたのでしょう。<BR>身をもって範を示していたのですね。
Posted by 夢騎士 at 2005年06月02日 10:05
スーロさん、夢騎士さん、ありがとうございます。<BR><BR>スーロさんの言われるように、子供と一緒に1つの大きなテーブルで<BR>勉強するのも良いものですよね。<BR><BR>夢騎士さんの文章からは、昭和の良き家族の風景が目に浮かんで<BR>くるようです。<BR><BR>やはり、子供が小さいうちは個室に入れて勉強しなさいというよりも、家族で<BR>勉強というスタイルの方が自然な感じがしますよね。
Posted by 草野 at 2005年06月02日 10:36
忘れてました。追伸です。<BR>私事ですが、明日から来週木曜まで海外出張に出ます。<BR>10日からまた遊びに来させていただきます。
Posted by 夢騎士 at 2005年06月02日 13:44
はじめまして。九州にマンションがあるのですが、老後はぜひとも平屋の一軒家に住みたいと願っております。近くに温泉があって、少しの畑があって、雪は少しだけでいいです。木のぬくもり!いいですね。
Posted by ふわ ふわ at 2005年06月02日 19:11
夢騎士さん、大変ですねー。<BR>お気をつけて。<BR>帰られましたら、お寄りくださいね。
Posted by 草野 at 2005年06月02日 20:28
ふわ ふわさん、はじめまして。<BR>コメント、ありがとうございます。<BR>老後にのんびりと・・・、良いですね。私もあこがれます。<BR>ぜひ実現なさってください。<BR>木の家の参考になれば幸いです。<BR>また、見にいらしてくださいね。
Posted by 草野 at 2005年06月02日 20:31
また来てみましたよ〜!相変わらず、いいお家ばっかりですね!<BR>見てるだけでウキウキしますよ!
Posted by つんとも21番 at 2005年06月03日 04:50
つんとも21番さん、ありがとうございます。<BR>いい家に見えるのは、木のおかげですよ。<BR>私たち日本人は、長く木に慣れ親しんできたからなんですね。<BR>木は五感に優しいのですが、そのうちの視覚でのみ(しかもたかが写真を見て)<BR>そう感じるのですから。<BR>また、たまにお立ち寄りくださいね。
Posted by 草野 at 2005年06月03日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ