PAGE TOP

2005年09月03日

野町の家 「車庫」

野町の家の車庫です。
この家の車庫は、前に紹介した家の車庫よりまた大きくて、車4台分のスペースなのです。
その紹介の時にも、富山は田舎なので車の保有台数が多く、車庫や駐車スペースがたくさんあることを書きました。
でも、建物と一体の車庫で2〜3台分ある家は今までにもあったのですが、4台分というのは私も初めてでした。
車好きの施主ならではの家と言えます。
4台分というと、30畳(15坪)の大きさです。広いですねー。この広いスペースの中に、柱を立てていないのです。(もちろん、柱があると邪魔ですから。)
この車庫の上に何もなく平屋であればまだ良いですが、この家は3階建てでしたよね。2階の重さはもちろんのこと、3階部分の重さも載っているんです。
もちろん、構造的に大丈夫であるように工夫もしていますが、耐震性能も充分であることも構造計算で確認をしています。
この家は、1階にこれだけ大きな車庫がありますので、2階にLDKがあるんでしたよね。
広さでいいますと、1階が車庫の他に玄関や脱衣・浴室、予備室等で30坪です。2階は、LDKと寝室・クローゼットやサンルーム等で30坪あります。3階は、2階上部になる吹抜けを中心として、子供スペース・勉強スペースの他に小屋裏物置があって10坪の広さです。(吹抜けは、床面積に含みません。)
1階から3階を合計しますと、70坪の延べ床面積となります。全体の数字だけ見ますと大きいほうですが、そのうちの車庫15坪が占める面積が大きい家なんですね。
この家では、2階リビングの紹介から始まって3階部分へと、そして1階部分を紹介してきました。
今日の車庫で、この家の内部の紹介を終わらせていただきます。
他の部屋を見ておられない方は、今までご紹介してきました「最近完成した家」をご覧下さいね。

FI1803774_0E.jpg"

posted by kusano at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 完成した家「野町の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、富山といえば雪国とあって、車庫は必要なんでしょうね。<BR>僕の住んでいる地域ではせいぜいアルミとポリカのカーポートがあれば<BR>イイナァってなりますが。<BR>30帖柱なしの駐車場ってしかしすごいですね。
Posted by なべちん at 2005年09月05日 16:02
なべちんさん、ありがとうございます。<BR>そうですね、朝出かけるときにまず、車の雪を下ろさなければいけないのは<BR>大変ですからね。<BR>でも、富山でもほとんどはアルミのカーポートになってきていますよ。<BR>建物と一体型の車庫の方が少なくて、そういう車庫があったとしても、1〜2台分<BR>あれば良い方です。<BR>ですから、この家みたいに建物と一体の車庫で4台分というのは、凄いですね。<BR>しかも、木造の3階建てで・・・。
Posted by 草野 at 2005年09月06日 08:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124116063

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ