PAGE TOP

2005年07月25日

野町の家 「脱衣室・浴室」

野町の家、1階にあります脱衣室と浴室をご紹介します。
上の写真はご覧の通りなのですが、手前が脱衣室で奥が浴室ですね。
脱衣室には、洗面化粧台がありその右側は洗濯機を置くスペースになります。写真ではそんなに広くなさそうですが、写っていない部分も入れてタタミ4畳位あります。
浴室は、1坪タイプのユニットバスで、出入り口の戸が引き戸になっています。
この洗面化粧台もユニットバスも、カタログ等をご覧になっている方でしたら、メーカーが分かってしまうかもしれませんね。
他の家でも紹介しましたが、脱衣室には既製品の洗面化粧台よりも、造り付けの洗面カウンター式とするケースが多いのですが、この家ではこういった部分をシンプルに既製品を選択されました。
何故かといいますと、この脱衣室よりも他の水回り部分にこだわられたからなのです。
その部分は、もう紹介を終えていましたよね。
1階のトイレの横の洗面コーナーと、2階にある洗面コーナーにこだわられて、おしゃれな感じに作ってあります。

FI1649426_0E.jpg"

この家は3階建てで、2階にLDKがありましたよね。ですから、この1階の脱衣室は浴室横の洗面でしかありません。
朝起きて顔を洗ったりするのは、2階の洗面コーナーなのです。起きて2階や3階から、1階まで降りてくるのが大変だからです。
そういう意味では、普通の家よりも水回りの場所が多く設けられていることになります。
だから、来客等の目に触れるような部分の水回りのお金をかけられて、主に家族だけが使う部分で節約されたのですね。
下の写真では、浴室の横に収納があります。上半分が扉付きの収納になっていて、下半分はオープンにしてあり脱衣かご等を置かれるスペースです。
その横に見えるのは、折りたたみ式のベンチなんですよ。よーく見ていただくと、側板の下にローラーが付いています。
風呂あがりにここで涼んだり、高齢になったときのことを考えられてベンチを付けられました。
そうそう、脱衣室の壁は珪藻土が塗ってありますよ。
その家・その家族によって、いろいろな使い方や要望があるんですね。

FI1649426_1E.jpg"

posted by kusano at 19:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 完成した家「野町の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洗面化粧台、シンプルながら大きくて使いやすそうですね。<BR>やはり毎日使うところなんで使い勝手重視は賛成です。<BR>風呂上りの脱衣室は程よく湿度が調整されていて<BR>心地よさそうですね。
Posted by なべちん at 2005年07月26日 11:56
なべちんさん、ありがとうございます。<BR>今までも、見ていただいているのでお分かりだと思いますが、こういう部分は<BR>その家・施主によって全然違ってるでしょ。<BR>そのお客様の、こだわりと価値観みたいな部分になりますから。<BR>ただし、本当の意味で「丈夫で長持ちする木の家」の本質部分だけはどの家も<BR>共通なのですよ。
Posted by 草野 at 2005年07月26日 18:29
このベンチがたまらなくいいですね。<BR>ここで風呂上がりにビールなんかくぃーっと呑んだら最高でしょうね。
Posted by 十文字みかげ at 2005年07月26日 23:57
十文字みかげさん、ありがとうございます。<BR>そうですね、そういう目的も兼ねてのベンチです。<BR>どうせなら、ここに小さい冷蔵庫を置いといて、ついでにTVも・・・。<BR>うちの旦那の部屋は、脱衣室なんです。<BR>そうならないように注意しましょう!
Posted by 草野 at 2005年07月27日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124116040

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ