PAGE TOP

2006年05月31日

上新保の家 「タタミコーナー」

この家は、前回リビング・ダイニングキッチンをご紹介しました。
今日は、そのリビングの横にある和室です。和室というよりは、やはりタタミコーナーですね。
リビングとは、3枚の引き戸でこの部分を閉じたり、開放してリビングの延長として広く使えるようになっていて、どちらの写真もその戸を全開した状態なのです。
お友達などのお客様に泊まっていただく時も、ここを使われるそうです。
タタミが敷いてある部分は4,5帖分で、その横に飾り棚やタンスなどを置かれるスペースと収納になっています。

FI2594033_0E.jpg"

タタミ部分の中央に置いてある低いテーブルは、お客様が買ってこられたか、持っておられたものです。
モダンな洒落たテーブルで、前回ご紹介したリビングとも雰囲気が合っていますよね。お客様のセンスの良さがうかがえます。
上の写真では、タタミコーナーの右側にも、とても大きな引き戸(格子戸)が見えていますよね。この大きさで1枚の戸になっていて、幅180cm近くもあるんですよ。
この大きな引き戸が、ガラガラッと本棚の裏に引き込まれていきます。
この戸の向こうは、といいますと玄関・ホールになっていて、その部分もゆったりしているんです。だからこの戸を開け放すと、リビングがより広々感じるんですよ。
では、また次回のご紹介をお楽しみに!

FI2594033_1E.jpg"

この記事へのコメント
梅雨の季節になりましたが<BR>元気に頑張りたいと思いますので<BR>今月も宜しくお願い致します。
Posted by ひなたぼっこ at 2006年06月02日 17:20
<BR>*(+_+)* おはようございます、あろまです。<BR>いつも楽しく拝見させていただいてます。<BR>今月もよろしくお願いします。 (^_^)v<BR>
Posted by あろまおいる at 2006年06月03日 06:28
ひなたぼっこさん<BR>いつもありがとうございます。<BR>大雪やら、寒かったのもすっかり忘れてしまい、いつの間にか梅雨なんですね。<BR>でも本物の木の家は、自然の除湿機があるようなものですから、涼しいですし<BR>裸足で床を歩いても、爽やかなんですよね。<BR>息子さんも、よく知っておられると思います。<BR>こちらこそ、またよろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年06月03日 14:10
あろまおいるさん<BR>いつもありがとうございます。<BR>本物の木の家のご紹介をしていますが、参考になりますでしょうか?<BR>他に、富山の地域情報などもたまに書いていますので、<BR>またよろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年06月03日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124003668

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ