PAGE TOP

2006年08月10日

上新保の家 「クローゼット」

前回は、2階の寝室をご紹介した上新保の家ですが、今日はその寝室の横にあるクローゼットです。
写真でお分かりのように、ただ単にウォークインクローゼットという収納としての部屋だけではなく、洗濯スペースとしても兼用したいという目的で、洗濯機をここに設置されました。
以前に、この家の脱衣室をご紹介しましたが、そこには洗面とトイレが一緒になっていました。そこは、お客様のことも考えた公共性を重視したスペースとしたいため、洗濯機はクローゼットに、という考えでもあります。
また、1階の洗面まで降りていかなくても、ここで手を洗ったり、ちょっとした洗濯物の手洗いも、ここで出来るようにということで洗面器も設置されたのです。
この洗面器と水栓も、シンプルでおしゃれな器具ですよね。
その洗面器が載っているカウンターは、厚さ3cmの杉板を使って大工さんに造り付けてもらったのです。

FI2616217_1E.jpg"

洗面などのスペースも、洗面器・水栓などの選択と、その取付け方によって全然感じが違ってくるものです。
既製品の洗面化粧台が置いてあるだけとは、また感じがだいぶ違いませんか。
寝室横のクローゼットだと、人に見られる場所でもありませんが、この家の1階の洗面スペースと統一感を持たせるように造ってあるのですよ。
写真でいいますと、一番手前が洗濯機を置くスペースで、その左側に洗面カウンターがあります。
その奥の部分が、いわゆるクローゼットスペースになっていて、棚板と洋服をかけるためのパイプが設置されています。
この部屋が2階にあるというのは、下の写真で天井が屋根なりに斜めになっていることでお分かりいただけると思います。
クローゼットの中でも、お客様の細かなこだわりがある、というご紹介でした。

FI2616217_2E.jpg"

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123898704

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ