PAGE TOP

2006年07月12日

西新庄の家 「リビング・寝室」

今日は、西新庄の家です。
前回まででこの家の1階の紹介を終えましたので、2階に上がってみましょう。
1階のリビングは既に紹介しましたが、タイトルにある今日のリビングは2階なのです。
以前にも書きましたように、この家は親子2世帯が同居していますので、若夫婦用のリビングだということです。
写真でお分かりのように、そのリビングと寝室は二間続きの部屋になっていて、寝る時に3枚の引き戸をガラガラッと閉めて使うような間取りにされました。
しかし今現在は、この2室を開放したままリビングとして使っておられるようです。
2階には、もう1部屋子供室があるのですが、お子様はまだ赤ちゃんなので、子供室として必要になるまではそこを寝室として使われるのだそうです。
写真の2室は、8帖×2で16帖あります。その回りにいろいろな部屋も見えていますので、ついでにご紹介しますね。

FI2616204_1E.jpg"

上の写真で、手前の部屋の右側に廊下があり、ミニキッチンが見えています。若夫婦用に、お湯を沸かしたり簡単な調理をするために設置されました。
奥の部屋の右側(ミニキッチンの奥)にチラッと見えている部屋は、クローゼットになります。
手前の部屋の上には小屋裏物置があり、その床の裏がこの部屋の天井なのです。
奥の部屋は屋根なりの勾配天井になっており、下の写真は上の写真と反対側から写していますから、この2枚を見ていただければそれが分かると思います。
下の写真で、向こう側の部屋の上に小屋裏物置の空間があるのが見えますよね。
そこへ行くには、ハシゴをかけて登って行くのです。(写真を撮った時には、まだハシゴが取付けられていませんでした。)
その小屋裏物置は、何と15帖分もあるんですよ。
ハシゴで登りますので、そんなに重い物は運べませんが、それでもダンボールに入れた物など相当収納しておく事ができますね。

FI2616204_2E.jpg"

この記事へのコメント
いつも当ブログをご訪問いただきありがとうございます。<BR>ドブログ・サーバの不安定な動きに対する自衛策として、しばらくの間ログオフの状態でアクセスさせていただくことにしました。<BR>こちらの訪問者リストには足跡が残りませんがご容赦くださいませ。<BR>サーバが安定してきたら元に戻りたいと思いますので、それまで宜しくお願いいたします。
Posted by 梢華 at 2006年07月12日 20:53
いつもいつも、木のぬくもりがしていいですね。<BR>香りが届いてきそうです。
Posted by 花々 at 2006年07月12日 22:18
梢華さん<BR>いつもありがとうございます。<BR>このドブログもなかなか安定しなくて困ったものですよね。<BR>早く正常化してもらいたいものです。<BR>こちらこそ、またよろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年07月13日 09:48
花々さん<BR>いつもありがとうございます。<BR>本物の木を使った丈夫で長持ちする家、そして健康に住める家といった<BR>家づくりの根本はどの家も共通です。<BR>予算によって材木の大きさや仕様を変えたり、基礎の構造を変更したり<BR>ということもありません。<BR>似た写真が並んでいるようですが、家づくりの根本が同じだからです。<BR>でも、間取りや設備面など細かい部分で、その家によって結構違うのです。<BR>このブログに出ているこんな家も、普通の家とそんなに変わらないコスト<BR>で出来てしまうんですよ。<BR>また、よろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年07月13日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123898691

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ