PAGE TOP

2006年06月28日

伏木の家 「トイレ」

伏木の家のトイレです。
1階にも2階にもトイレがありますが、ここは1階のトイレになります。
パッと目に付くのが、信楽焼の手洗い器ではないでしょうか。
これは、インターネットの通販で購入されたもので、自分で器具を用意して配管屋さんに取り付けてもらうパターンです。
大工さんが造り付けたカウンターの上に、この手洗い器を設置する形式にしました。水栓も、おしゃれなものを選ばれましたよ。
自分で用意されたと言えば、下の写真の方が良く見えていますが、木のタオル掛けです。
ただの木であるどころか、具体的な場所までお聞きしていないのですが、拾ってこられた流木なのだそうです。
拾った流木をそのまま使ったわけでなく、洗ったり樹皮を取ったりして綺麗にしてから、これを大工さんに取り付けてもらいました。
真っ直ぐの木ではないですから、大工さんもちょっと苦労していましたが、でもうまく取り付けてありますね。

FI2616199_1E.jpg"

トイレの床は、他の部屋と同じで杉板を張ってあります。もちろん、ここにも床暖房してありますよ。
それと、この家では腰壁にも杉板を張られました。床板も腰板も、杉の赤身部分だけで取ってある板を使っているのです。
木の赤身部分は、腐りにくく虫も入りにくい性質があることは既に書いています。白太部分は、この反対なのでしたよね。
それに加えて、赤身部分には自然の抗菌作用もあるんですよ。
ですから、本物の板であればなんでも良いとは言えないのです。木の本質をよく理解して、正しく使わないと意味がないのです。それが、適材適所なのです。
それにしても、木の色が揃っていると綺麗ですよね。

FI2616199_2E.jpg"

posted by kusano at 10:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 完成した家「伏木の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。お久しぶりです^^<BR>6月24日が棟上式だったはずの我が家ですが、このところの大雨で、<BR>大幅に遅れています。<BR>トイレは腰壁を貼ったほうがいいのでしょうか?<BR>汚れが目立たない、飛び散りがあっても平気・・・などなど、あるのでしょうか。<BR><BR>流木のタオル掛け、ステキですね。<BR>うちもこうしてもらおうかしら・・・(笑)。
Posted by かすてら at 2006年07月05日 22:41
かすてらさん、お久しぶりです。<BR>ちびかすてらちゃんのご誕生おめでとうございます。<BR>とっても可愛いちびかすてらちゃんですね。<BR>(かすてらさんのブログにコメントすれば良かったのですが、こちらに書かせて<BR>頂きました。)<BR><BR>ところで、壁は何にされていますか?<BR>壁のメンテがしにくいものでしたら腰壁を張られるか、メンテしやすい材料で<BR>あれば必要ないかと・・・。<BR>あとは、メンテとは別にデザイン的な好みでしょうか。<BR><BR>早く、家が完成すると良いですね。<BR>よろしければ、また時々ご報告くださいね。<BR>
Posted by 草野 at 2006年07月06日 10:32
ありがとうございます。<BR>壁は、漆喰です。漆喰はメンテはラクなんでしょうか?<BR>好みはどちらかというと、真っ白な壁なのですが・・・<BR>でも、ほかの方の家で、トイレに杉板の腰壁を貼ってあるのを見て、<BR>これもいいな・・・と思ったり。<BR>なかなか「絶対これ!」と決められないんですよ。<BR>壁についてはまだ変更がきくので、迷っています。
Posted by かすてら at 2006年07月06日 23:11
かすてらさん、いつもありがとうございます。<BR>さすがは、かすてらさんです。<BR>壁は漆喰だったのですね、汚れ等を放っておかないで、すぐに拭いてやったり<BR>すれば大丈夫だと思います。それは、木でも同じなんですけどね。<BR>あとは傷の点で言うと、これも木だって傷は付くのですが、漆喰よりは目立ち<BR>にくいかなと思います。<BR>デザイン・汚れ・傷なども含めて、考えてみて下さい。<BR>でも、もし板を張るのなら、出来れば赤身が多い板の方が良いですよ。<BR>もちろん、よく乾燥された材料でね。<BR>では、またよろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年07月07日 10:10
ありがとうございます。参考になりました。<BR>私はやっぱり漆喰派です(笑)。<BR>また家族と話し合ってみます。ありがとうございました。<BR>
Posted by かすてら at 2006年07月08日 00:13
かすてらさん<BR>返信が遅くなってすいませんでした。<BR>このコメント欄では、なかなか大した内容も書けないのですが・・・。<BR>参考になれば幸いです。<BR>また、よろしくお願いします。
Posted by 草野 at 2006年07月10日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123898686

この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ