PAGE TOP

2006年11月20日

伏木の家 「寝室」

前回は、2階のトイレをご紹介しました伏木の家です。今日は、寝室をご覧いただきます。
寝室の広さは、9帖です。10帖のスペースに、1帖分の押入れがとってあるのです。
上の写真を見ていただきますと、今までご紹介した2階部分の部屋との位置関係が分かります。
上の写真の右側に透明なガラスが入った窓がありますよね。その窓の向こうが吹抜けになっています。
その向こうに、ハシゴが2つ見えていますが、そのハシゴがあるのが子供スペースになるわけです。
寝室のこの窓からは、2階の勉強スペース・子供スペースも見えますし、下の方を見れば、リビングやダイニングの様子もうかがえるようになっているんですよ。
上下どちらの写真にも見えていますが、この寝室にもハシゴがありますよね。このはしごを上っていくと、ロフトがあるのがお分かりいただけると思います。

FI2616260_1E.jpg"

このロフトは、子供スペースのロフトよりも広く、7.5帖もあります。そのロフトの奥には、4帖の広さの小屋裏物置までついているんです。
寝室からホール部分(寝室の外)が、どちらの写真でも見えていますが、戸を外して撮影しているのではありません。
ちゃんと2枚の引戸があるのですが、ガラガラッと壁側に引き込まれていく戸にしてありますので、戸を全開した状態なのです。
寝るとき以外は、このように全開しておくというわけです。
春や秋はもちろん、夏も開けておいた方が風通しが良いですし、冬でも開けておきます。
この家も、2階の部屋はもちろん床暖房してありますし、部屋以外のホールやトイレなども床暖房してありますので、全開しておいても暖かいのです。
どの部屋・スペースも開放的ですから、その大きさ以上に広ーく感じる家になっていますね。

FI2616260_2E.jpg"

posted by kusano at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成した家「伏木の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ