PAGE TOP

2007年07月23日

富山市科学博物館

富山市科学文化センターが、展示替えとバリアフリー化なども含めた大規模な改装工事を行っていました。
これを機に、名称も富山市科学文化センターから富山市科学博物館と改められ、7月13日にリニューアルオープンしたのです。
新しくなった展示は、1階「とやま時間のたび」、2階「とやま空間のたび」「おもしろ実験ひろば」、3階「宇宙へのたび」となりました。
「とやま時間のたび」では、私たちが見慣れている富山の大地がどのような過程でできてきたのか、また富山市大山で発見された恐竜足跡の化石なども紹介してあります。
そこには、体長6mもある動くティラノサウルスの模型もあり、首を動かしたり大きな口を開けて雄たけびを上げると、子供たちはちょっと怖そうに見ています。(1枚目の写真に写っていますよ。)

FI2616370_1E.jpg"

とやま空間のたび」では、標高3000mの立山から水深1000mの富山湾の海底までを標高別に「高山」「山地」「丘陵と平野」「海」に分け、さらにそれらをつなぐ「急流河川」も含めた5つのゾーンについて、それぞれの場所の自然の様子や人と自然とのかかわりについて、標本や解説の他、体験型の実験装置なども利用して紹介してあります。
「おもしろ実験ひろば」には、氷の結晶がきらめく現象「ダイヤモンドダスト」を見ることが出来たりなど、楽しくて不思議な科学実験装置の他、錯覚の部屋があり、科学の面白さを体験できるようになっていました。
「宇宙へのたび」では隕石や衝突実験、美しい天体写真などから宇宙について紹介と、以前からあったプラネタリウムも、ちゃんとありますよ。

FI2616370_2E.jpg"

私が子供を連れて行ってきたのは、オープン早々の14日。その後に、地震がありましたのでご紹介が遅れました。
午前中早めに行ったのですが、来場者が少ない様子でした。新聞などでも紹介されていたわりには、少ないなと思いましたが・・・。心配することなかれ、その後どんどん子供連れの家族が訪れ、駐車場があっという間にいっぱいになってしまいました。
その週末は、台風の影響で天気も良くありませんでしたので、ここに来た人も多かったのでしょう。海に行くのもまだ・・・、という天候ですから、そういう時はここへ。
もちろん、天気や海など関係無しに、リニューアルした科学博物館へ、機会があればぜひ一度遊びに行ってみてくださいね。

FI2616370_3E.jpg"



posted by kusano at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 地域情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供を連れて遊びに行こうと思います!
Posted by こうちゃん at 2007年07月23日 19:59
こうちゃんさん<BR>いつもありがとうございます。<BR>お時間のある時にでも、どうぞ。<BR>オープンしたばかりなので、週末とかは結構来場者があると思います。<BR>以前まで、科学文化センターの横の駐車場だけでは、狭かったのですが<BR>今は、県立美術館の南側に大き目の駐車場ができましたよ。<BR>また、よろしくです。
Posted by 草野 at 2007年07月24日 11:28
家内の実家近くにある、富山市科学博物館に行ってきました。<BR>(上記URL参照ください)<BR>新しくなり夏休み終わりの子供達で賑わっていました。
Posted by なべちゃん at 2007年10月10日 21:22
なべちゃんさん<BR>いつもありがとうございます。<BR>早速、科学博物館・県立近代美術館の記事も拝見させて頂きました。<BR>奥様のご実家が富山であることは先日知りましたが、なべちゃんさんが富山で<BR>働いておられたとは・・・。<BR>美術館の場所が、以前刑務所であったことなど、そうだったけ?そういえば・・・<BR>と懐かしく思い出させて頂きました。<BR>ご丁寧な紹介の記事を見て、私が富山の情報を書くのが恥ずかしくなって<BR>しまいました。<BR>ちなみに、私の事務所や自宅は富山市の新庄です。知っておられるかな?<BR>また、よろしくお願いします、です。
Posted by 草野 at 2007年10月11日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。