PAGE TOP

2016年02月26日

木の家に住んで二年

平成25年の暮れから新しい家に住んで、2年2ヶ月経ちました。今年の冬が3回目ですし、夏は2回経験しました。
昨年「木の家に住んで一年」を書きました。本物の木の家の良さについては昨年と同じような話になるかと思いますが、続編というかまた一年経過しての家の使い方・感じたことなど「木の家に住んで二年」を記しておきます。

冬の暮らしは、最初の冬に比べて2回目・3回目と少しづつ室温が上がって(上げて)います。(参考記事:暖房の室温分布暖房の室温分布その2)
前に住んでいた家は、断熱材のない温度差の激しい寒い家でしたから、うちじゅう温度差がほとんどない暖かい家で暮らすというのは、天国と言って良いほどです。最初の冬は、室温18.5〜20.5℃にしていました。
2回目の冬は前の年より暖房の設定温度を1℃上げるとどれ位電気使用量が変わるか、3回目はさらに1℃と試していますので、今年の冬は20.5〜22.5℃ほどです。
電気消費量を調べてみますと、1℃上げた程度では増えたのかどうか分からない位で、それよりも外気温による影響の方がとても大きいのです。
室温が2℃上がったのは、設定温度の分そのまま上がったのではなく、コールドドラフトを減らす工夫の効果も含まれていることが重要なポイントです。
冬の暖房費・光熱費に関しては、前の家よりもかなり(大幅に)安くなりました。なおかつ、家の中の温度差が少ない生活ができるというのは、とても楽です(身体に対する負担が少ない)。
やはり、雪国・寒冷地の住まいは暖かく快適に暮らせることが何よりです。

では夏の方は、「わが家の夏の報告2015」にも書いていますように、わが家では猛暑日でも昼間にエアコンをつけたことはありません。
熱帯夜など暑い夜だけエアコンを使い、そのあと日中の温度上昇を抑える工夫も行うことで、昼間エアコンなしで過ごしています。(もちろん、扇風機は使っています。)
もう少し説明しますと、冬はうちじゅうどこも、1・2階の上下もほとんど温度差がないのですが、夏の場合はどうしても1階より2階の方が1〜1.5℃ほど室温が高くなります。
1階に関しては、日中でも本当にエアコンいらずです。ただ2階の方が、1年目の夏は猛暑日の日中にエアコンつけた方が・・・という感じになったので、温度上昇を抑える工夫を試みた結果、エアコンなしで過ごせるほどになったのです。
でもこれは、猛暑日の暑さでの話です。肝心なことは、「(猛暑日でなければ)本物の木の家は、エアコンいらずと言って良い。」ということです。普通(建材)の家に比べると、エアコンの使用頻度・設定温度は全然違います。

一年を通して、洗濯物がよく乾く・掃除しやすいこと。(お客様によっては、一年じゅう室内干しをしておられる家もあります。) 梅雨時期でも、除湿器なしで洗濯物が乾きます。
洗濯物が乾かなくて困るとかカビ掃除が大変という苦労がないのは、とても助かります。また、除湿器・乾燥機などという高価な機械を買う必要がないですし、その電気代もいりません。おまけに、その機械の掃除をしなくても良いのです。
苦労が少ない・楽であるということもそうなのですが、それが意味するもっと大事なこととは、カビやダニの発生が少ないつまり健康に良い(アレルギー対策)ことです。
エアコンをあまり使わないことも含めてですが、これこそが本物の木の家ならではの木の良さ・効果のおかげなのです。

新しい家なら、健康で快適・冬暖かいかというと、そうでもないようです。
・新しい家は暖かいと思っていたら、そうでなかった。
・エアコン1台でポカポカのはずが、結局補助暖房(ファンヒーター等)を使っている。
・家がジメジメがする。洗濯物が乾かない。
・結露がひどい。カビに困っている。
・子供、家族がアレルギー・鼻炎に。
古い家の話ではなく、わりと最近家を建てられた方々からお聞きする話です。
こういう話を聞きますと、住まいは健康で快適に暮らせることが最も重要だと、つくづくそう感じます。

湿気・カビに悩まされる家になってしまうか・そうでない家になるか、同じ木造の家でもちょっとしたつくり方の違いです。
木造なら・木の家なら・ただ木を使って建てればいいのではなく、適材適所の木を使ってその木の良さ(効果)がちゃんと発揮するようにつくらなければいけません。
木が住まい手にたくさん良い働きをしてくれるようにつくる、それが本物の木の家です。

平成10年から日本の山の木を使うようになって、30軒ほどの家を設計させていただきました。家の数が増えていくと共に「快適に暮らしています。」という声も増えてきたのです。
お恥ずかしい話ですが、私自身が実際に住んでみて初めて「快適に暮らしています。」の本当の意味が理解できました。というよりも、話を聞くだけでは分からないです、住んでみないと分かりません。その良さの多さ・良さの深さは・・・。

本物の木の家に住んで二年・・・私も住まい手の一人として言わせていただくと、本当に健康で快適に暮らせますよと自慢できる家です。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 19:14| Comment(0) | 木の家の住み心地を検証する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

鷹栖の家 「寝室」

こちらの家、前回は「書斎」をご紹介しました。今回は、その隣にある「寝室」を見ていただきましょう。
1枚目の写真、廊下から戸を開けて入るとこんな感じ。見てお分かりの通り、寝室は板張りでなく、タタミ敷きにされました。広さは、大きめの10帖ある寝室です。
この家も、暖房は床暖房にされたのですが、もちろんタタミが敷いてあるこの部屋も床暖房してありますよ。タタミの場合、床暖房用の畳床というものを使いますので杉の床板のところと同じように暖かくなります。

s-DSC_8316w.jpg

2枚目の写真は、部屋の奥へ行って反対から見ています。一番右にある片引戸が廊下との出入り口で、その左にある引違いの戸が押入です。この押入は1帖分。
2枚の写真でお分かりのように、この部屋には長戸が1ヶ所と窓が1ヶ所あっていずれも障子戸がついていますよね。
この障子戸、パッと見た目は引違いに見えるかもしれませんが、単なる引違いではなく全開する障子戸です。右か左のどちらか半分だけ開く引違いではなく、2枚の障子戸が全開(2枚共壁のところまで動く)して長戸・窓全体が見えるようになるということです。

s-DSC_8320w.jpg

通常の引違い戸であれば、押入の戸のように柱の厚みのところに戸があるのですが、全開する障子戸の場合は柱より手前(部屋側)に戸がついているのです。写真で、長戸も窓も敷居・鴨居・縦枠が柱の手前にあるのがお分かりになりますでしょうか。
ところで、前回の書斎の時にもご説明しましたように、この部屋の天井を見ていただきますと、ここも書斎と同じです。
この上に2階はなく平屋部分なので屋根があるのですが、屋根裏を利用した物置がつくってあるので、写真のように天井が張ってあるということです。
タタミ敷きの広い部屋なので、旅館のようにも見える寝室のご紹介でした。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:40| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

木のキッチン

木の家具・造り付けを紹介するコーナー、前回は 勉強コーナー を見ていただきました。今日は、木のキッチン(木製キッチン)をご覧いただきましょう。
3軒の家のキッチンをご紹介します。1枚目と2枚目の写真は壁付キッチンで、3枚目の写真は対面キッチンの形式です。共通な部分は、キッチンの箱部分は木を使って大工さんがつくってものであること、その上に載っている天板は少し違いますね。

s-DSC_7591w2.jpg

1枚目の写真は、天板もシンクもステンレス製です。それに対して、2枚目と3枚目の写真の天板は人造大理石です。ただしシンクが違っていて、2枚目の写真は天板と同じ人造大理石のシンクですし、3枚目の写真ではステンレスのシンクがはめ込まれています。
木でつくる箱の仕切り方はほぼ同じで、シンクの下部分・食器洗い乾燥機がはめ込まれている部分・IHクッキングヒーターの下部分に分かれます。

s-DSC_8390w2.jpg

2枚目と3枚目の写真は、IHクッキングヒーターと食器洗い乾燥機がはめ込まれていますよね。1枚目の写真では、IHクッキングヒーターの下部にオーブンレンジがありますし、一番右の空いている部分に後から食器洗い乾燥機をはめ込まれました。
そういう設備機器がはめ込まれている以外の部分は、オープンになっている部分がほとんどですが、一部引出し等が取り付けてあります。4枚目の写真は、引出し等を開けた状態です。食器洗い乾燥機の前面にも木の板が張られていますね。

s-DSC_7048w2.jpg

3枚目の写真のキッチンは、奥行が大きいですよね。その部分は何になっているかというと、5枚目の写真をご覧下さい。ダイニング側に収納が設けてあるのです。収納の下部には間接照明も取付けられました。
写真はドアを開けた状態ですが、閉めてあると収納だと分かりにくいように、ドアの取手をわざとつけてありません。しかもこのドアには、襖紙が貼ってあるんですよ。

s-DSCN6243w2.jpg

キッチンをつくる時はこんな風に、天板・シンクを何にするか、水栓・設備機器を選ぶ、残りの部分をどうつくるか(棚板をつけるつけない・ドアをつけるつけない)という具合に決めてもらいます。
ところで、肝心のコスト的にはどうなのか?と言いますと、いわゆるシステムキッチンにしても物の選び方次第であるように、大工さんがつくるこの形式でも同じです。
今までご紹介してきた、リビングテーブルや机本棚などであれば、本物の木を使って大工さんがつくればそれで出来上がりですが、キッチンの場合はこんな風にいろいろな物をつけたりはめ込んだりしなければいけません。

s-DSCN6255w2.jpg

本物の木と大工さんの手間だけなら、家具屋さんの家具よりとてもローコストですよと言えるのですが、キッチンの場合は本物の木と大工さんの手間よりも、それ以外の物(天板・水栓・設備機器)の金額の方が大きくなるため、その金額次第なのです。ですから、システムキッチンよりもとてもローコストに・・・とは言いにくいです。(システムキッチンもいろいろですが。)
システムキッチンよりもだいぶ高価になるようならつくられないでしょうし、写真のように造り付けにされるというのは、最初からシステムキッチンにするつもりのない方や、設備機器をなるべく安い物を選ぶとか自分で安い物を見つけて自分で買うという方もいらっしゃいます。それは、木の家には木のキッチンを・・・というお客様のこだわりですね。
キッチン以外の作業台・キッチンカウンターなどは、また別に紹介しますね。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:51| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

暖房の室温分布 その2

以前、暖房の室温分布 という記事を書きました。輻射熱暖房(床暖房)しているわが家のリビングの温度分布を紹介した記事です。
1枚目の写真は、わが家のリビングで2階にあります。ご覧のように屋根なりの勾配天井になっている大きな空間です。こんな部屋でエアコンやファンヒーターを使うと、上の方ばかり暖かくなって下の方・足元の温度が低くなりますよね。
しかし、輻射熱暖房であればそういう上下の温度差ができないのが特徴で、その温度をご紹介したのが前回の記事でした。

s-DSF_2025w3.jpg

その時はリビングだけの話でしたので、今回は家全体の上下(1階〜2階〜2階上部)の温度分布はどうなっているのかをご報告します。
わが家の主要な部屋は、1階に事務所・個室、2階にリビング・個室があって、1階廊下から階段を通じて2階リビングとその上部まで空間が一続きです。
1枚目の写真に階段が見えますね。ご覧のように、廊下(通路)部分と部屋を仕切る壁がなく、オープンにつながっています。そして、夜寝る時以外は個室の戸を開け放しています。
こういう間取り・使い方で、1階から2階上部までの大きな空間になると、少し位は下よりも上の方が温度が高いのでしょうか。家全体の温度分布を見てみましょう。

s-DSCP3645w.jpg

2枚目の写真に温湿度計が写っています。この2台で屋外の温湿度と家の中の4ヶ所の温湿度を見ることができます。
左の青い枠の温度が、外気温3.3℃。この時の家の中の温度は右のグレー枠の方、上の温度が1階にある事務所22.0℃、2階のリビング(床上80cm)21.7℃です。
1階の子供室と2階のリビング上部(床上370cm)の温度は、左の青い枠の温度計の表示を切り替えて温度を見ます。
写真は省略させていただきますが、この時の1階子供室が21.9℃、2階リビング上部(床上370cm)22.1℃でした。(リビング上部床上370cmとは、1枚目の写真の一番高い所にある棟木付近、2階の床からの高さが約370cm)

順番がばらばらなので、下から順に並べます。
1階 事務室22.0℃ 子供室21.9℃
2階 リビング(床上80cm)21.7℃
2階 リビング上部(床上370cm)22.1℃
1階の床から2階上部まで、高さにして約6.3mありますが、1階より2階の方が高いということはありません。数字で見るのでわずかな差がありますが、体感でこの差は分かりませんね。どこも同じ室温といって良いでしょう。
エアコンやファンヒーターといった温風暖房と違い、温度ムラができないのが輻射熱暖房の良さの1つです。

ちなみに体感温度は・・・、温風暖房のような気流はありませんし、床上(床のすぐ上)温度は1階も2階も25℃ほどですから、室温よりも足元の方が暖かいのでより暖かく感じます。誰でも経験しているように、足元が寒いのと暖かいのとでは感じ方が全然違いますよね。
冬でもスリッパを使わず裸足で生活していますので、暖かさを足で直に感じることもそうですし、木の床の足触りもとても気持ち良いです。
一年じゅう裸足で歩く、本物の木の家です。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:11| Comment(0) | 木の家の住み心地を検証する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

北代の家 「洗面・トイレ」

今回は、2階ホールの横にある洗面とトイレを見ていただきましょう。
最近は、ほとんどの家が1階にも2階にもトイレを設けられるようになりました。その場合1階のトイレを広めに、便器・手洗器もこだわりの・・・にされる家が多いです。
以前にご紹介したこの家の1階トイレもそうです。1階のトイレの広さはタタミ1.5枚分で、手洗カウンターに厚さ6cmの杉板に信楽焼の手洗器。では、2階のトイレは・・・。

s-DSC_8186w.jpg

1枚目の写真が、2階ホール横の洗面所。写真に見える洗面台も化粧鏡も既製品のシンプルな物にされました。
洗面台・化粧鏡を取付けてある壁を見ていただきますと、化粧鏡のある壁よりも洗面台が取り付いている壁の方が少し前に出ていますね。そこに木の板が1枚取りついています。
壁が出ているのは、その裏を配管スペースにしているのですが、この板1枚あることでここに物を置くことができます。
1枚目写真の左側に見えている戸の向こうがトイレです。その戸を開けると、2枚目の写真。

s-DSC_8188w.jpg

1階のトイレはタタミ1.5枚分に対して、2階のトイレはタタミ1枚分の広さ。ここも、便器の後ろの壁を見ていただきますと、先ほどの洗面所と同じようになっていますね。
トイレの手摺も、本物の木ですよ。手摺も含めて、うちじゅう同じ山の木を使っています。
トイレの床が、木そのままなのは・・・と思われるかもしれませんが、このままではなく洗面もトイレもマットを敷いて使います。(写真は、引越し前の何もない状態です。)
1階トイレの時にも書きましたが、芳香剤・消臭剤のいらない本物の木の家(自然の消臭剤効果)のトイレです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 17:40| Comment(0) | 完成した家「北代の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

鷹栖の家 「書斎」

前々回は「廊下」、前回は廊下の横にある「トイレ・洗面所・脱衣室」を見ていただきました。
廊下の写真でご説明した、玄関ホールから入って廊下の突当りに見えていた戸が書斎の出入り口でした。今回は、その書斎をご覧いただきましょう。

s-DSC_8314w.jpg

1枚目の写真、書斎らしく本棚がたくさん造り付けてありますね。書斎というと、小さな部屋のイメージがありますが、このお宅の書斎は広いんですよ。7.5帖の部屋です。
2枚目の写真を見ていただきますと、本棚の反対側は全部収納になっています。この収納の大きさは、2.5帖ありますから、全部合わせると10帖になります。書斎だけではなく、物置も兼ねた部屋という感じです。

s-DSC_8313w.jpg

ところで、この部屋の上には2階はありません。2階がないということは、平屋部分にある部屋なので、この上は屋根です。
今までご紹介している家では、上が屋根であれば屋根なりの勾配天井になっている、つまり屋根の野地板をそのまま見せる部屋がほとんどです。
この家ではそういう風にしないで、平屋の屋根裏を利用して屋根裏物置をつくりたいというご要望でした。
上に屋根裏物置がある時は、写真のように天井を張る場合もありますし、天井を張らない形式もあるのですが、その辺は物置の大きさや高さそして書斎の天井の見え方などを検討します。最終的に、この部屋は天井を張ることにしたというわけです。
屋根裏物置に関しては、また2階のところでご紹介いたします。
今回は、本棚・収納たっぷりの書斎でした。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:59| Comment(0) | 完成した家「鷹栖の家」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

勉強コーナー

うちじゅう同じ山の木を使って、大工さんにつくってもらう造り付けや家具を紹介するコーナー、前回は トイレカウンター を見ていただきました。今日ご紹介するのは、勉強コーナーです。
名前の通り勉強するためのスペースですから、子供室には勉強机を置かないで、違う場所にそのスペースを設けられた間取りの家です。また、子供だけが使うのではなく、親子一緒に使う(子供と一緒に過ごす時間を大事にする)スペースにしたいというご要望でもあるのです。

s-DSC_3783w2.jpg

1枚目の写真は、ご覧の通り机と椅子が置かれています。机は大工さんが造り付けたものですが、椅子はお客様が買ってこられたものです。
部屋のように見えるかもしれませんがそうではなく、ここは2階の廊下の一角です。この家の子供室は、写真を撮っている背中側にあります。
2枚目の写真、パッと見てお分かりだと思いますが、2階の中央に吹抜けのある家です。その吹抜けに面して、勉強コーナーを設けられました。

s-DSC_3516w2.jpg

ここで勉強している子供の姿が、1階から吹抜け越しに見えますよね。そういう目的で、ここを勉強スペースにしてあります。この家の子供室は、写真の左側にあります。
3枚目の写真は、この家も2階の中央に吹抜けのある家です。ただし2枚目の写真の家と違って、吹抜け部分は壁と建具で仕切ってあります。写真でお分かりのように、障子戸を開けると吹抜け部分が見えるということです。
ここには、机と椅子そして本棚があります。その椅子は、大黒柱の切れ端を利用したものです。写真で、机の左端にある太い柱が大黒柱ですが、それと同じ太さですね。

s-DSC_5336w2.jpg

ところで机に使っている板ですが、1枚目の写真の机の板は厚さ6cmの杉板を使っています。それに対して、2枚目と3枚目の写真の机の板は厚さ3cmの板を使って、大工さんが造り付けたものです。
家に使ってある柱・梁、そして板材と同じ山の木を使ってありますので、色が揃っているというのがお分かりいただけますでしょうか。
このように、木の家に合う家具が出来上がります。そして、家具屋さんで勉強机を買うよりもかなり安くつくることができる、ローコストな本物の木の家具なのです。

草野鉄男建築工房
posted by kusano at 18:10| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ