PAGE TOP

2014年08月16日

涼しい木の家 体験会 のお知らせ

本物の木の家展示場にて、涼しい木の家体験会を開催いたします。
除湿機やエアコンなど機械に頼らず、夏場も快適に過ごすことができる家です。

秘密は自然の木の除湿力、その効果とは・・・
・ジメジメする梅雨でも、除湿機なしで家の中で洗濯物が乾く。
・暑い夏でも、エアコンをあまり使いません。
・自然の除湿効果で、防カビ・アレルギー対策。

省エネかつ健康に暮らせる家にされたい方、必見の家です。
空気感が違う木の自然の効果をぜひ体感ください。

場所 富山市西新庄10−10
   地図はこちらです。

期間 8月9日(土)〜16日(土)

申込 予約制とさせていただきます。
   ご希望の日時を、メールまたは電話にてご連絡ください。
   希望日の3日前迄にご連絡下さるようお願いします。
   ※仕事その他により都合の悪い時間もありますのでご了承下さい。

s-DSF_2056w.jpg

除湿機なしで洗濯物が乾くとか、エアコンをあまり使わないというのは、信じられないかもしれません。
この展示場は、草野建築工房の事務所兼自宅でもあります。今までは、本物の木の家に住まれたお客様からお聞きしていましたが、わが家に住んで自分と家族が体験したことです。
洗濯物は、梅雨時期も冬も一年中よく乾きます。木の呼吸(自然の除湿)で湿度が低いからですが、それが防カビ・アレルギー対策ですし食中毒予防にもなります。
エアコンは、今(8月1日現在)のところ1回だけ使いました。7月26日フェーン現象で38℃になった日に初めてエアコンをつけました。
お客様から33℃程度ならエアコンはつけなくても・・・と聞いていた通りで、その日以外はエアコンを使いませんでした。(もちろん扇風機は使っています。) うちの暑がりの息子も、そうやって過ごしました。 
その日だけの気温でなく、前日の気温や夜の最低気温などによっても違ってきます。ただ、猛暑日や熱帯夜の時はさすがにエアコンをつけた方が良さそうです。
猛暑日という言葉は2007年から使われましたが、異常気象による猛暑が無ければ、やはり木の家はエアコンいらずと言って良かったのだと思います。
エアコンを使ったらダメ、ということではありません。エアコンによる冷やし過ぎ・使い過ぎによって、体調を崩したり汗をかけない体にならないように気を付ければ良いのですが、なかなかそういう使い方をできないのがエアコンの難点です。

ただしエアコンをあまり使わなくて良いというのは、直射日光を入れないとかその他の要因も関係しますし、家のつくり方以外の住まい方の工夫もあります。
わが家では、住み始めからずっと温湿度のデータをとったり、建てた後でもできる夏涼しく・冬暖かくする工夫をいろいろ試しています。
そんな住まい方の工夫なども含めて、本物の木の家の暮らしぶりをお話しさせていただきたいと思います。
この展示場は、原則としていつでも見学可能ですが、暑い夏の特別企画としてこの期間に開催いたします。
お気軽に遊びにいらして下さい。
posted by kusano at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

洗面カウンター

うちじゅう同じ山の木を使って、大工さんにつくってもらう造り付けや家具を紹介するコーナー、前回はリビングテーブルを見ていただきました。
その時に、一番多くつくる家具はリビングテーブルですと書いたのですが、改めて今までつくった物をを整理してみましたら、圧倒的に一番多かったのは洗面カウンターでした。
リビングテーブルはつくらなかった家もありましたが、この洗面カウンターに関してはほぼ100%どの家にも、造り付けの洗面カウンターがあります。
この洗面カウンターとは、脱衣室の中にある物もあれば、トイレの中やトイレのすぐ横につくる物も含めてですので、なおさら多いということです。
1軒の家の中に、3ヶ所造り付けにされた方もいらっしゃいますし、1ケ所だけの家もあります。

s-DSC_1105w2.jpg

とても、たくさんありますので、そのうちランダムにピックアップしてご紹介しましょう。
今日ご紹介するのは、お風呂の横の脱衣室内にある洗面カウンターです。
1枚目の写真・・・下のカウンター部分は、大工さんが箱をつくってその天板部分にモザイクタイルが貼られています。その上に洗面器が置いてある形式。下の収納部分には扉がつけてあります。
鏡部分は、鏡扉を開けると大工さんがつくった収納箱になっています。鏡の下が明るいのは、間接照明のあかりです。
2枚目の写真・・・こちらは、大工さんがつくった箱の上に人造大理石をのせたカウンター。下の収納部分は半分は棚板残り半分は何もなし、戸をつけずにオープンにされました。鏡部分は、1枚目と同じ形式。

s-DSC_7153w2.jpg

3枚目の写真・・・下部には棚板など一切付けずにオープンのままで、天板は人造大理石。上は固定された鏡で、収納部分は奥に見える戸のない箱(この他にも収納部分あり)という風にされました。
4枚目の写真・・・天板は人造大理石とし、病院用の大きなシンクがはめこまれています。下部は棚板が1枚で扉はなし。奥に見える床から天井まである収納も、大工さんの造り付けです。上の鏡は、こちらも固定された鏡のみ。
今日ご紹介した洗面カウンターは、大きめの物ばかりです。1〜3枚目のカウンター幅は約170cmで、4枚目は120cmほど。
そのぶん、脱衣室自体も大きめのスペースになっていて3〜4帖の広さです。

s-DSC_5353w2.jpg


洗面カウンターや収納部分のつくり方は、その家のお客様によってさまざまです。
こういう洗面カウンターを造り付けにされる理由は、やはり「既製品の洗面化粧台では・・・だから。」ですね。
では、こういう造り付け洗面カウンターのお値段は?というと・・・。
まず箱をつくるための板は、とても安くて大した金額ではありません。本物の木の板は、集成材に比べてとても高いと思っておられる方が多いですが、集成材よりも安いです。
板の値段よりも、こういう造り付けにしようとすると、上記でご説明したように天板は何を選択して、洗面器・水栓・鏡は固定か可動か、下部には戸を付けるかどうか、という風に決めていってもらいます。
当然ですが、シンプルにするより複雑にすれば高くなりますし、あとは洗面器や水栓のカタログを見ていると、ついつい良い物に目が行きがちです。
洗面化粧台はカタログを見ればお分かりのように、安価な物から高級品まで揃えてあります。

s-DSC_7639w2.jpg

一番安上がるのは、既製品の一番グレードの低い物になりますが、既製品の洗面化粧台の中から選ぶ場合、ある程度高価な物でないと気に入らないのであれば、造り付けを考えられても良いでしょう。
造り付けにするなら・・・どういう風に、この洗面器・水栓でと選んでみて、比較した場合どちらが安くなるか、ですね。
実際のところ、みなさんこういう風にされるのは、見た目的にということもあるのですが、自分の使い勝手の良いようにつくれるので造り付けにされる方が多いです。
ですから、大抵の方は洗面化粧台と比較して・・・ではなく、最初から造り付けで考えておられるようです。自分のつくりたいと考える中で、なるべくシンプルに、なるべく安いお気に入りの洗面器・水栓などを選んでおられます。
家全体の金額としては、こだわりたい部分はこだわって、そうでない部分でローコストに・・・と。
また、違う洗面カウンターもいずれご紹介いたしますね。
posted by kusano at 18:13| Comment(0) | 木の家具・造り付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログのトップページへ

草野鉄男建築工房のホームページへ